キン肉マン 314 話。 今週のキン肉マン第314話-“調和の神”の正体!!

【キン肉マン第314話は延期】5月18日連載再開ならず!コロナに勝てず

カピラリアを照射できる装置を神の数の108の欠片に分断し、各々の神がその欠片を手にするということです。 でもそうすると、全てが終わった後に下手するとこいつらが新たな神の中枢になりかねない気がする。 しかも今日はちょうど29日、つまり肉の日。 そこで、神々を納得させるために敢えて粛清を加えつつも、宗家であるオメガの民だけは逃がすことにしたのだった。 ザ・マンは神々のことは下野するまでのことしか知らないだろうし、 実はその後に神の座を捨てた奴がもう一人いたりはしないだろうか?とか考察してみる。 次々と明らかになる真実で驚きを隠せませんでした! 調和の神から超人を護る為、神の座を降りたザ・マン。 キン肉マン達は、そんな神々達と超人の存亡を賭けて闘うのだと… それを聞いて怯え喚き出すキン肉マン。

Next

キン肉マン 314話 “調和の神”の正体 感想

。 しかしオメガの祖先が、独自に神超えを目指し始めた。 ただ、オメガの民の真相がわかり、アリステラとザ・マンの間にわだかまりが解けたことが何よりでした。 ブログを更新する余裕がないほどに忙しくしていたからです。 最新話は無料で読むことはできませんが、最新刊や単行本、他漫画は無料でよむことはできますのでおすすめです。

Next

【キン肉マン第314話は延期】5月18日連載再開ならず!コロナに勝てず

超人の種を残す為、ザ・マンは自ら模範となって正しい方向へ超人を導いた。 「調和の神」とのことだが… 確かに今まで散見されていた事柄が一本の線で繋がっていくような… 後付けのような… カピラリア七光線で宇宙中の超人が死滅させられた発端は、傲り高ぶり過ぎた超人の粛正であったが、それを推進した神が調和の神ということになるのかな。 広告 キン肉マン【オメガ編】313話 最新話 ゆでたまご嶋田隆司インスタ ゆでたまご先生のインスタより。 このカピラリアの欠片が無いと照射はできない。 最近のキン肉マンは試合,試合ばかり。 しかしその他の天界の神々は、そのことを許しませんでした。

Next

キン肉マン オメガ編 314話&315話 カピラリア七光線 対抗はフェイスフラッシュか プリズマンの謎 ネタバレあらすじ感想 考察

すれ違いがそのまま永年続くととんでもない確執や怨念に繋がるということをまざまざと見せられている前回と今回のシリーズ。 に momiji より• その計画を進めていった調和の神。 邪悪五大神は、彼らが便利に利用できる超人が絶滅するのは、自分たちにとって損失であるという理由で利害が一致したために、かつて争った相手と手を組んだ、ということでした。 退場して更に追い打ちで小者化していくサタン様が愛おしいです。 まだまだ流動的な印象です。

Next

待ちに待ったキン肉マン314話の感想

実はこのブログも約2ヵ月ぶりの更新となりました。 それがマリキータマンです。 話し合って理解し合う、美しいじゃあないですか。 何卒ご理解をいただけますよう心よりお願い申し上げます。 つまりそれは私もその 欠片 ピースのひとつを持っているということである。

Next

【祝】キン肉マン第314話 2か月半ぶりの再開!【お帰りなさい】

すると「いや、安心しろ。 そんな完璧超人の礎となる超人たちが育つ一方で、ザ・マンの想像以上のスピードで独自の発展を始めたのが オメガの民。 超人という種の可能性を信じていたザ・マンにとって、そのことが嬉しくないわけがなかったのでした。 それら複雑に絡み合った感情を一つ一つ解きほぐしてきたのがキン肉マンということになりますね。 前シリーズの時は考えられなかったことだわ… ゴールドマンとの約束を忠実に守るザ・マン。

Next