きゅうじ ん の こう を いっきに かく。 《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「き」

《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「き」

有頂天になること。 (きしんやのごとし)• 起死回生 (きしかいせい) 死に瀕したもの、滅びかかっているものを再び生き返らせること。 同意語: 「」 類語: 「」、「二匹の犬が骨の取りっこ、三匹目の犬がそれを横取り」 毀誉褒貶 (きよほうへん) ほめるとそしると。 同意語: 「危急存亡」 箕裘の業 (ききゅうのぎょう) 父祖伝来の家業を受け継ぐこと。 金石の交わり (きんせきのまじわり) 堅く結ばれた友情のこと。 挙措進退 (きょそしんたい) 日常のちょっとした動作。 「桐壷」は源氏物語の五十四帖の中の第一帖。

Next

九仭の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)とは

そのような光景。 木もと竹うら (きもとたけうら) 木は根元から、竹は先の方から割ると容易に割れる。 とてもできることではないが、不可能に挑戦する気迫の意もある。 兄弟は後生までの契り (きょうだいはごしょうまでのちぎり) 兄弟の縁は来世まで続く。 「箕帚」はチリ取りとほうきのこと。

Next

九仞の功を一簣に虧く

強顔女子 (きょうがんじょし) つらの皮が厚い、恥を知らない女をいう。 (きんしょうしんび)• 代償の「こと」の音が一つとなって見事なハーモニーをかもしだす。 (きょうしゃいんいつ)• (きんおくちょきょう)• (ききにふれる)• 「うら」は「末」で先の部分のこと。 類語: 「」、「」 朽木糞土 (きゅうぼくふんど) 精神の腐ったものはどうしようもない。 木で鼻をくくる (きではなをくくる) 冷淡にあしらうことのたとえ。

Next

好中球の検査値ー左方移動(左方偏移)とは?

実力伯仲。 (きゅうそこうびょう)• 凝思寂聴 (ぎょうしじゃくちょう) ひっそりとした孤独の境地にあって、自然と静かに観照しあいながら、沈思黙考する心境。 (きゃっかしょうこ)• また、そのようす。 「ち」で始まる四字熟語• 分葉核球 Seg 40~70% 関連記事• 人を教えることは自分の修行にもなる。 「錦標」は優秀旗の意。 強幹弱枝 (きょうかんじゃくし) 樹木の手入れは、根幹を充分に保護して強め、枝は適度に剪定する。 物足りなくて面白みがない。

Next

きゅうじんのこうをいっきにかく: 山口屋的文化MEN類学

(きゅうちょうふところにいればりょうしもころさず)• 「し」で始まる四字熟語• 「慎」はつつしむ、念を入れる意。 雉も鳴かずば撃たれまい (きじもなかずばうたれまい) 無用な発言が災いを招くことのたとえ。 居は気を移す (きょはきをうつす) 居場所は人の気持ちを変化させる。 九仞の功を一簣に欠く (きゅうじんのこうをいっきにかく) 事が今にも成就するというときになって、ちょっとした油断のために失敗すること。 (きんいぎょくしょく)• (きょちょうせいせい)• 詩や文章に才能を発揮する人。 肝に染みる (きもにしみる) 心に深く感じ入る。

Next

九仭の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)とは

(きょきょじつじつ)• 白血球分画における好中球の基準値は以下の通りで、感染症になると、桿状核球の割合が増加し、 15%を越えると左方移動と呼ばれる。 (きくゆうこうか)• 吉日良辰 (きちじつりょうしん) 辰は星の宿。 ちなみにこの言葉は、古代中国 周の武王が殷の紂王を討って周を建国した時に、各国からの貢ぎ物に喜んだ武王に対し、家臣の召公が諫めて言った言葉です。 巍然屹立 (ぎぜんきつりつ) 大きな山が高く 屹 ( そび )え立つ。 類語: 「一諾千金」 君君たらずとも臣臣たらざるべからず (きみきみたらずともしんしんたらざるべからず) 君主に君主としての徳がなくても、臣下は臣下としての忠節を尽くさなくてはならないということ。 「玉」は賢者の、「石」は愚者のたとえにも使う。

Next

「虧」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

箕山の節 (きざんのせつ) 世俗から引退して、自分の節操、意志を守ること。 もともとは神話の中に出てくる神馬のわずかな毛のこと。 金属も岩石も堅く、容易には割れないことから言う。 「気宇」は心の広さ、心がまえ、器量の意。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「忌諱」は忌み嫌って口にするのもはばかるようなこと。

Next

「鶴」の書き方

。 (きんかぎょくじょう)• 「謹」はつつしむ、こまやかに気を配る。 同意語: 「聞くは一旦の恥聞かぬは末代の恥」、「問うは一旦の恥問わぬは末代の恥」、「問うは当座の恥問わぬは末代の恥」 類語: 「」 反意語: 「」 菊有黄華 (きくゆうこうか) 菊に黄色の花がつくこと。 (きではなをくくる)• 他から侵略されない極めて堅固な備えをいう。 向壁虚構 (きょうへききょこう) 虚構の作品や、偽造のもののたとえ。

Next