うかがう 漢字。 公用文でひらがなで書くべき漢字は?「など」等の使い分けを徹底解説

「聞く」の謙譲語「うかがう」の使い方

多くの人が「 常用漢字表」に基づく「文部省用字用語例」に沿った教育を受けています。 字面(じづら)の好みなどもあるので、適宜、参考にしてみてください。 問題は、「窺う」と「覗う」のニュアンスの違いです。 「例えばテトラポットの上から海面をのぞく」などのように使われます。 つまり「承る」は、相手の話を ・しっかり聞いた ・引き受けた ・対応した という意味になります。 読みづらい漢字をひらがなで書くことを基本としながら、別の次元として、パーソナリティやキャラクターにもとづいて表現や字面を選ぶことは、読み手の心を動かすための大切な工夫です。

Next

常用漢字一覧表

利用者は限られた時間の なかで、有益な情報に素早く たどり着く ことを目的に、検索サービスを利用して います。 伺うの意味• 「解る」の「解」は、「理解」「解釈」「了解」などに使われる漢字で、「意味がわかる」「日本語がわかる」など、物事の内容や理論がはっきりする意味には「解る」を用いる。 以下、日ごろよく使う言葉で、漢字ではなくひらがなで書く(または、一部をひらながにする)のが一般的なものをまとめますので、参考にしてみてください。 ==============引用終了 一般的な表記を知りたければ、新聞社系の用字用語集を確認することをオススメします。 では、こういう場合はどうすればよいか?ですが、「窺う」と漢字で書いて、これに「うかがう」とルビを打つ方法もあるかと思われます。 ありがとうございました。

Next

技術文書の書き方 実践テクニカルライティングセミナー:第8部 用字用語の考え方と用例

「尋ねる」という意味で使用する場合は、「~について伺ってもよろしいですか?」というような使い方で、「~について質問してもいいですか?」といった意味合いになります。 例えば 「後で聞く」という内容を相手に伝えたいとします。 「適」と「的」の違いを考えてみます。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例:神社の祠のなかを覗ってみたが、なにも見えなかった。 どんな受付の仕事かわかりませんが、 基本的に電話が嫌いな人もいます。

Next

「伺う(うかがう)」という語について質問があります。この語は、①「尋...

どれも、漢字そのものの意味は「狭い穴からのぞく」というものです。 2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。 ですからここで「お伝えします」とBが言うのは間違いです。 「休みを利用して、沖縄に伺います」といったような使い方は、行く先に敬意を払うべき相手がいないので誤用になります。 知人でもないのにトイレ行きたいからと 言って切... 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 「コツ」「ブレ」「ミソ」といった強調したい言葉をカタカナにしたり、オノマトペ(擬音語や擬声語)にカタカナを使うと、よい意味での「軽さ」や「ポップさ」が演出できます。

Next

「覗う」と「窺う」と「伺う」の違い!「ようすをうかがう」はどっちが正解?

例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 )でも、仮名で書かねばなりません。 ただ、車の保険関係などは、膨大なマニュアルの読み込みと、マニュアルどおりに行かない対応で、相当のスキルが要求されます。 再び失礼します。 のぞき穴からこっそりと見る人は、僅かな情報から全体像を想像しなくてはいけません。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 覗うの意味 覗うとは、 のぞき穴から見るように、こっそりとさりげなく見ることを意味しています。

Next

技術文書の書き方 実践テクニカルライティングセミナー:第8部 用字用語の考え方と用例

ですから、 ア 漢字と仮名使い分けの理に従えば、「様子を窺う」が正しい書き方になりますが、 イ 「窺」という漢字は「常用漢字表」搭載されていません。 窺うは覗うと全く同じ意味で、さらにどちらも常用外の漢字なので普通はひらがなで「うかがう」と表記されます。 「伺」という漢字には「うかがう・たずねる」という意味があります。 「伺」と「覗」は音は同じなので、たぶん意味もほとんど違いはないのではないかと思います。 ) 「規」は「キ」という音を表していますが、「コンパスではかる」という意味も持っています。

Next

公用文でひらがなで書くべき漢字は?「など」等の使い分けを徹底解説

資格に合っている、という意味。 このあたりは柔軟に判断してかまいません。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 例えば取引先に「上司の田中が御社へ参ります」と使えます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ウェブサイトもこのような方針に準じて、読み手の視点から漢字とひらがなを適切に使い分けるのが望ましいといえます。

Next