トニック ドミナント。 メジャースケールから作るダイアトニックコードの種類と機能

ダブルドミナント(ドッペルドミナント、II7コード=ドミナントにつながるドミナント)の詳細と使用例の解説

ではそもそもトニック、サブドミナント、ドミナントとは一体何なのでしょうか? いつものように『ハンディ版 音楽用語事典』から引用します。 また、演奏においてもセッションやアレンジを行ううえでも、ダイアトニックをティグリーネームで覚えることで、楽にコードの機能を把握できますので、是非覚えてみてください!. 例えば、本来落ち着けるはずのトニック機能を持つコードにそのスケールの特性音を加えると、落ち着けるコードとしての機能が失われます。 サブドミナント=滑り台の階段• まとめ 今回はダイアトニックコードの各コードにおける役割分担について説明いたしました! 作曲等に興味のある方にとっては、とても基礎的で重要な内容となります。 Bb9 11 でのCメジャーb6ペンタトニックスケールの響き BをルートにしたときのCメジャーb6ペンタトニックスケールの度数と使えるコード 度数に合うコードが無いためBをルートにしたコードでは使えません。 コード進行の終止 先ほど、トニックの機能の中で「 終止する」と書いてありました。

Next

トニック、ドミナント、サブドミナントとは?

トニックは最も安定する主役のコード ドミナント 二つ目はドミナントです。 小節の頭(強拍 ではなく、それ以外の弱拍部分で終わる終止を女性終止といいます。 このことからAbメジャーキーとCメジャーキーが使われているのが分かります。 まず用語の意味を知る前に、音の鳴る指板図で次の3つの単純なコード進行を弾いてみてください。 KeyCならC,KeyFならFがトニック ・ ドミナント Dominant Keyの中で完全5度上に構築されるコードが代表で、KeyCならG,KeyFならCがドミナントコードとなります。 この例では、E7はAm7ではなく、またAm7と同じ機能の他のコードでもないFM7に進行しています。

Next

ペンタトニックスケールの種類と使えるコード一覧

3rdの音が入っていないので、3rd、b3rdそれぞれを想定して、D9、D-9でも使うことができます。 代理のトニック・サブドミナント・ドミナント トニック・サブドミナント・ドミナントには代理のトニック・サブドミナント・ドミナントが存在します。 マイナーキーの曲はナチュラルマイナースケールだけでなく、ハーモニックマイナースケールからのコードも使われていることを知っておきましょう。 これが二次ドミナントです。 ダイアトニックでないコードへ進行した場合は二次ドミナントとは考えません。 また作曲のために、基礎中の基礎であるすべてのダイアトニックコードとコードの構成音がすらすらと口に出来るぐらいしっかり暗記しておきましょう。 メジャー・キーでのセカンダリー・ドミナントのアヴェイラブル・テンション セカンダリー・ドミナントはドミナント系のコードですから、オルタード・テンションが使えます。

Next

ダブルドミナント(ドッペルドミナント、II7コード=ドミナントにつながるドミナント)の詳細と使用例の解説

第1グループ 第2グループ 第3グループ スパニッシュ8ノート・スケールとテンション このスケールは、自然的短音階に M7を加えて並び直した HBP5Bの仲間の8音音階です。 Cメジャーキーでいう「G7」になります。 サブドミナント以上に 盛り上がりを感じさせてくれるコード 上記3つのコードは、 一般的に「3コード(スリーコード)」とよばれ、様々な曲の骨格として用いられています。 そのスリーコード(主要三和音)、その名の通り、 曲の中で主要の三和音なのです!!!! 人間の世界に例えると・・・主役の3人です!!! で、この主役の3人、それぞれ名前もついてるしキャラクターもあるんですよ。 ディグリーネームについてはこちらの記事を参考にしていただくとして。 コード進行にオクターブは関係ないので、「完全4度上昇」も「完全5度下降」も同じ強進行です。 特に曲の終わりは、誰が聴いても「終わった」と思わせる必要がありますから、ほとんどがトニック機能を持つコードでおわります。

Next

トニック、ドミナント、サブドミナントとは?

滑り台のたとえ、ピンときたでしょうか? 滑り台ではなく別のものに例える人も多いですし、言い回しも人それぞれです。 トニック機能を持つコードほど安定はした響きを持たないため、ドミナントから進行しても解決感が薄いからです。 サブドミナントからトニックに進むと、着地感がある。 まずこの2つに分類してしまいます。 Dm7 b5 コードでのCドミナントペンタトニックスケールの響き D ・EbをルートにしたときのCドミナントペンタトニックスケールの度数 度数に合うコードが無いためD ・Ebをルートにしたコードでは使えません。 またキーCで考えてみましょう。 以上がメジャーb6ペンタトニックスケールが使えるコードです。

Next

メジャースケールから作るダイアトニックコードの種類と機能

III度上のコード 9thのFはEと、13thのCはBと短9度音程を生じてしまいますので、使えるテンションは11thのみとなります。 FをルートにしたときのCマイナーb5ペンタトニックスケールの度数と使えるコード 3rdの音が入っていないので7sus4ではなく、7でも使うことができます。 エクステンデッド・ドミナントのアヴェイラブル・テンション ドミナント・コードが完全4度下行を連続して続く進行を「エクステンデッド・ドミナント」と呼びます。 この終わり際のコードを調整することで、どのような終止感をもたらすのか(完全に終わっている感じ、まだ何か続きそうな感じなど をコントロールすることが出来ます。 理論書にもだいたい省かれています。

Next

続・トニック、サブドミナント、ドミナントとは?/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第28回

もともと終止形としての和音進行のことで、それぞれ和音の機能であるT トニック 、D ドミナント 、S サブドミナント を組み合わせた進行のカタマリのことです。 ということは、あるディミニッシュ・コードからは2つのドミナント・コードとその裏コード(代理コード)が導き出せることになります。 結局は聴いてみて自然な解決感があればいいのですから、人間の感覚的な部分に関しては細かい定義は気にしなくてもいいでしょう。 F 7altでのCメジャーペンタトニックスケールの響き 11thをb5th、 9thをb3rdと考えるとF m7 b5 でも使うことができます。 リレイテッドIIm7のテンションを考える場合、まずセカンダリー・ドミナントの解決先のコードをメジャー・キーのトニックと想定します。 以上の解説がすべて理解できなくても、とりあえず スケールの第1音がトニック、第4音がサブドミナント、第5音がドミナント、と覚えてください。

Next