サラ番 2 タッチセンサーボイス。 サラ番は演出でモードを見抜け!!【タッチセンサー・超研修・シャッター・対決など】 « 楽スロ

押忍!サラリーマン番長ブルーレジェンドはカウンターシックスがアツい!恩恵や狙い目を解説!

ボーナス中に加え、AT中も 3種類のキャラから告知方法を選択可能となっており、新規書き下ろしキャラが液晶所狭しと繰り広げる抱腹絶倒の演出は今作でも健在。 今回の最大前兆は「36G」。 基本的にはレバーON後(全リールが回転している状態)であれば問題ないが、業績報告中はウェイトからリール回転開始までと短いのでレバーON後すぐのタッチが必要だ。 5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。 色付きロゴ出現時は、天国確認+100G前半ゾーンの前兆非当選でやめ。 メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!• 最強チェリーからの青BBは突入率優遇などあるのかもしれません。 このような挙動があれば、期待度大! 《書き換えナシ時の挙動》 研修終了後、ざわざわして当たり 研修G数がやたらと長い 研修終了後、再度研修に突入 前兆の優先順位 ボーナス&AT前兆と仁王門前兆は別管理されており、基本的に先に当選した方を優先する。

Next

サラ番、番長3、鏡の新たな解析が発覚!

「タッチの有効範囲」 タッチが有効となるタイミング 黒字…ウェイトから第3停止ボタンを押すまで(次BETで無効) 赤字…ウェイトから第1停止ボタンを押すまで(第2停止で無効) 紫字…ウェイトからリール回転開始まで ボーナス中からAT中まで、さまざまなタイミングでタッチが可能。 1 6 35. ボーナス後は残り299枚からATがスタートするので、再び300枚突破を目指そう。 設定 1セット 2セット 3セット 1 71. 確かに5. スポンサードリンク 滞在モード確認は、設定判別やヤメ時などで重要なのでぜひ知っておいてほしいですね。 400G手前or400Gのゾーン抜け後から狙えそうです。 【頂総決算ボーナス】 業績報告(5G)でボーナスの枚数を決定し、5G消化後から決まった枚数を消化。 右下がりベル揃いが共通ベルとなるが次ゲームBET時に効果音が発生すると「押忍ベル」となるので、カウントする際は除外しよう。

Next

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 設定6・高設定確定演出

5>4>2>6>1>3の順に出現率が高い。 赤背景は激アツ。 ガセ前兆からは当然だが、ボーナスやATが放出されることはない。 エリカ「見える…! モード判別 レア役を引かずに雫ステージ移行で高確B濃厚となる。 頂クロスラッシュ当選率 こちらも奇数設定優遇かつ、設定5がかなり優遇されている模様。 早い段階で引ければ設定判別の大きなヒントになるかもしれない。

Next

【設定差続々更新中!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

サンプルG数が少ないので参考程度に。 BARが中段に揃えば決算ボーナス、ひし形に揃えば頂総決算ボーナスに突入する。 漢玉 筐体右の玉 に「好機」出現時にレア小役を否定すれば継続濃厚• 頂RUSH中・頂RUSH濃厚後は 継続するごとに差枚数上乗せ。 複数回出現すれば高設定に期待。 設定 1セット 2セット 3セット 1 — 95. かすかな光が…! 「操&雫ボーナス中・AT確定演出」 [弱レア役で大チャンスナビが発生] 弱チェリーや弁当箱成立時に大チャンスナビが発生した場合、内部的にATに当選していることが確定する。

Next

サラ番、番長3、鏡の新たな解析が発覚!

10個たまると ・高確移行 ・CZ「特命」 ・番長ボーナス などの恩恵が受けられる。 これが800のゾーンまであと1Gってところで. 高確AorB移行時は雫ステージに移行することが多い。 。 朝イチの雫ステージ移行ゲームに注目 百の倍数の規定ゲーム数到達で高確Bに突入した場合は雫ステージに移行する。 頂RUSHは差枚数管理型のAT。 サラリーマン番長 タッチセンサーの噂 未だに未確認なのですがBIG100G完走時にタッチセンサーに触れると専用ボイスが流れるとか流れないとか。

Next

【最新】サラ番2(押忍!サラリーマン番長2)

またスラッシュチャレンジ成功時下段に「鍛」下段揃いでSRUSH、平行四辺形に停止すればSSRUSHとなる。 この漢気ポイントが10pt貯まると上乗せ抽選等が受けられる。 2-9伝説• ただ最強チェリー経由でなくても移行したと思われることもあるので最強チェリー以外での突入契機もあると思います。 通常時の会話演出で、「右側の玉がタッチセンサーになってるよ」のセリフが出現したら漢玉に触れてみよう。 今回も高設定ほど出現しやすくなっている。 レア役や特化ゾーン、ボーナスなどで上乗せを獲得させつつ、大量出玉獲得を目指そう。

Next