桜を見る会 告発。 <桜を見る会>安倍告発を受理すらしない東京地検 黒川氏の意向か? 「告発権の侵害だ」と専門家憤る(アジアプレス・ネットワーク)

「桜を見る会」巡り市民団体が刑事告発 若狭弁護士に「起訴の可能性」について聞いた: J

これに対し、市民の会共同代表の田中正道さんは19日、過激な一部書き込みについて、こうした個人攻撃的な批判があるから市民運動がなかなか広がらないとフェイスブックで苦言を呈した。 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 犯罪の嫌疑について合理的な説明が十分に行われることがなければ、訴追は免れても、「政治的責任」を免れることはできないのである。 【転載終了】 *************************** バーターを疑われるタイミングですね。 「桜を見る会」の前日に安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会をめぐり、662人の弁護士や学者が21日午前、公職選挙法と政治資金規正法に違反した疑いで、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。 また、数の論理によって国会では明らかにならなかった事実が、厳正公平・不偏不党の立場に基づく適正な捜査が行われることによって、国民に広く明らかにされるべきである。 マスコミなどでも報道されましたが、5月21日に、弁護士・法学者662名で、東京地方検察庁に、安倍晋三首相などを政治資金規正法違反・公職選挙法違反を被疑事実として刑事告発しました。

Next

「桜を見る会」巡り市民団体が刑事告発 若狭弁護士に「起訴の可能性」について聞いた: J

しかし、「罰金50万円以下」であっても、後援会関係者が公選法199条の2違反を犯したということになると、現内閣で、菅原一秀氏が同じ罰則の違反の問題で辞任に追い込まれていることもあり、総理大臣の進退問題につながりかねない。 「ろくでもない山口県民」の風評被害 安倍派のせいで貼られたレッテル 桜を見る会に安倍首相の地元支援者ら800人が押しかけ、 […]• 主催者に対して、見積書や請求明細書を発行いたします。 まず、自らの推薦枠を利用、約850人の後援会関係者を、桜を見る会に招き無料で飲食を提供、公職選挙法第221条に触れるというもの。 東海・甲信越• 」、「ホテルが発行する領収証はすべてパソコンで作成しており、宛名が空欄の手書きの領収証を交付することは絶対にない」と回答した。 5 「収入」について 被告発人安倍は、前夜祭の参加費の「集金」について、会場の入り口の受付で安倍事務所職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収証をその場で手交し、受付終了後、集金した全ての現金をその場でホテル側に渡したと繰り返し述べている(2019(令和元)年11月15日首相官邸ホームページ、2020(令和2)年衆議院予算委員会1月27日、同月31日、2月3日、同月4日等)。 最初に告発したのは1月14日だったが、東京地検が不受理を決めたのは約2週間後の1月31日。 2)上記について、個人・団体を問わず、貴ホテルの担当者が金額などを手書きし、宛名は空欄のまま領収証を発行したケースがあったでしょうか。

Next

「桜を見る会」巡り市民団体が刑事告発 若狭弁護士に「起訴の可能性」について聞いた: J

総理主催の「桜を見る会」は、安倍政権のもとで参加者・経費が急増しただけでなく、多数の安倍晋三後援会員が招待され、招待者の中に消費者被害の加害者や反社会的勢力の人物もいるなど、安倍首相による公的行事・税金の私物化が問題とされ、すでに背任罪での告発もなされています。 (回答)ございません。 すっかり行き詰まった戦後社会の打開を求める幾千万大衆の願いを結びつけて力にしていくために、全国的な読者網、通信網を広げる努力を強めています。 従って、後援会は、公職選挙法199条の5第1項に違反し、当該選挙区内にある約800名の後援会員に対し、参加者1人あたり少なくとも6000円相当の酒食を無償で提供して寄附したものである。 そもそも、総理大臣に重大な犯罪の嫌疑があり、検察に積極的な捜査で、その嫌疑を明らかにしようとしたとしても、最終的には、総理大臣の同意がなければ、総理大臣を起訴することはできない。

Next

【桜を見る会】安倍告発を受理すらしない東京地検 その理由が矛盾 黒川氏の意向か? 専門家「告発権の侵害」 [ramune★]│エンがちょブログ

告発状の提出については、ニュースサイトのコメント欄などで様々な意見が書き込まれている。 安倍首相にとっての「桜を見る会」前夜祭をめぐる「違法行為」として、現実的に考えられるのは、 1 安倍後援会が、地元有権者への寄附を行った公選法199条の2第1項違反と、 2 前夜祭の主催者としての後援会が、政治団体としての政治資金収支報告書を正しく記載していなかった問題である。 弊ホテルが発行する領収証において、宛名を空欄のまま発行することはございません。 告発人の憲法学者は「告発権の侵害だ」と検察庁を強く批判する。 このことは、被告発人安倍と被告発人配川が、被告発人阿立に収支不記載の判断を伝えてこれを実行させ、この判断が以後毎年、被告発人阿立を拘束してきたものと考えられる。 収支報告書への不記載は、上記差額にまつわる違法行為を隠蔽する目的ではないかが強く疑われる。

Next

桜見る会めぐり安倍首相を刑事告発 弁護士ら600人超:朝日新聞デジタル

安倍晋三首相に対する告発状の画像 ネット上で告発状が公開されていました。 これまでの7年間の開催年月日、名称、会場は以下のとおりである。 従って、政党支部と後援会は、実質的には一体のものであり、後援会の実質的な代表者は被告発人安倍であると言っても過言ではない(後援会の正規の代表者が公職の候補者等本人である例は多い)。 濱田弁護士は「わが国の国民が生き延びるためには、政権を保持する政治家たちにその使命を再認識してもらう必要がある。 このまま巨悪を見過ごすわけにはいきません」 黒川弘務氏は賭け麻雀問題で検察を去った。

Next

「桜を見る会の告発、東京地検が不受理に!」LC=相棒のブログ | Bubbly ランクル200

yahoo. いずれにしても、若狭氏は、「検察が立件するのは、そんなに簡単ではありませんね」と話している。 不受理の通知は1月31日で、「代理人による告発を受理できない」などの理由だったという。 実は、安倍首相は17年、18年にも市民団体から公選法違反、内乱予備罪などの疑いで告発を受けた〝前歴〟があるが、いずれも問題にされなかった。 奇しくもこの日は、黒川弘務前検事長の定年延長が朝の閣議で決定された日だった。 「桜を見る会」とは、戦前の「観桜会」を前身とし、1952(昭和27)年、吉田茂が内閣総理大臣主催の会として始めた会とされており、「皇族、元皇族、各国大使等、衆参両議院議長及び副議長、最高裁判所長官、国務大臣、副大臣及び大臣政務官、国会議員(中略)、その他各界の代表者等」、「各界において功労・功績のあった者」が招待範囲とされ、毎年4月、新宿御苑を会場として行われてきた。 26日の衆院法務委員会で共産党の藤野保史氏が明らかにした。 また、東京地検には、猪瀬直樹元東京知事を公職選挙法違反で、舛添要一元東京都知事を政治資金規正法違反で告発し、いずれも後に捜査が開始されている。

Next

5月21日「桜を見る会・前夜祭」事件の刑事告発を行いました。

なお、詳しくは後述するが、ホテルニューオータニ東京において本宴会と同規模の宴会を行った場合、参加者1人あたりの単価は最低でも1万1000円と言われており、1人5000円の参加費では正規の代金を到底賄うことができない。 すでに「桜」疑惑をめぐっては「税金私物化を許さない市民の会」が11月20日、地元後援者の無料招待と前夜祭での会費徴収について公職選挙法違反(買収)や政治資金規正法違反に当たるとして安倍首相を刑事告発している。 2 個々の参加者が契約主体であるとの被告発人安倍の答弁 被告発人安倍は、ホテルニューオータニ東京と契約を締結した者が誰かという問題につき、2020(令和2)年1月31日の衆議院予算委員会において、前夜祭の参加者が当日、各自5000円をホテルニューオータニ東京に対して支払っているから、ホテルニューオータニ東京との契約主体は個々の参加者であって後援会ではないと答弁した(なお、この答弁は、本告発事実にかかる前夜祭の1年後の、2019(平成31)年4月12日に開催された前夜祭に関する答弁であるが、両者は同一の宴会場において同一の形式で行われていることから、被告発人は本告発事実にかかる前夜祭についても同一の認識を示したものと評価できる)。 前夜祭の参加人数とほぼ同様の規模の宴会において、開催日の10か月前に契約が締結され、詳細な見積書が提出され、事前に人数の最終決定数を連絡することや、取消・期日変更に関する詳細な取り決めがなされていることは、このような詳細な取り決めをすることなくして大規模な宴会の実施は不可能であることの証左であり、本件前夜祭においても同様の契約が締結されていたことが強く推測される。 しかも、前科まである。 以上によれば、1人5000円で前夜祭の宴会代金の全てを賄うことは到底不可能であり、最低でも「1人1万1000円」必要であることは明白である。

Next

「桜を見る会」問題で「検察が動かない」理由~「詰んでいる」のは安倍首相の「説明」(郷原信郎)

かかる一事をもってしても、ホテルニューオータニ東京に対する宴会代金支払債務の履行が、前夜祭当日に参加者が受付で1人あたり5000円を支払ったことをもって完了しているとは到底言えないのである。 このように両団体が一体のものであり、被告発人安倍と被告発人配川が上司と部下の関係にある以上、被告発人配川は後援会を運営するにあたり、その重要な部分について被告発人安倍に報告、相談し、被告発人安倍の判断、決定を得た上で行動しているとしか考えられない。 検察の現場で積極的に捜査を行う方針であっても、上司・上級庁・法務省側から問題を指摘し、捜査の動きを止めることは可能だ。 「桜を見る会」をめぐる問題については、安倍首相の「説明」が「詰んでいる」のに、「検察が動かない」という話ではない。 1)上記について、貴ホテルが見積書や請求明細書を主催者側に発行しないケースがあったでしょうか。 その黒川氏の直接、または間接的な意向の影響なのか、 さもなければ、東京地検特捜部内の「第二の黒川」が、安倍首相のために極めて政治的な判断をしたのか、いずれかだと思えてなりません。

Next