エーデル ガルト 炎帝。 FE風花雪月キャラ考察―エーデルガルト、皇帝と少女の間で

FE風花雪月 同性愛(同性婚・結婚)対象キャラは誰?シナリオ、ストーリー分岐は?アドラー(黒鷲)、ルーヴェン(青獅子)、ヒルシュ(金鹿)おすすめルート(学級選び)!【ファイアーエムブレム】

闘技場関連• 女神再誕の儀で、死神騎士が初登場、天帝の剣が初登場と慌ただしい月でしたが、炎帝も出ており、この時謎の男と会話しています。 一時期フェルディアの魔道学院に在籍していたことがあり、メルセデスとは旧知の仲。 なお、帝国ルートではスカウトしていなかった場合でも撃破時に説得可能。 ゲームシステム関連• 魔法が使える兵種。 個別指導に加え、「目標設定」で選んだ最大ふたつの技能は、自習によって週ごとに能力がアップする。 レアを捜索中、大修道院に戻ってきた主人公と再会すると、旧「黒鷲の学級」の生徒やセイロス騎士団と共に主人公の炎の紋章を旗印とした「新生軍」を結成。

Next

エーデルガルト

そこには魔獣が待ち構えていて、やはり罠であったようだ。 253• 理論的に物事を考える気質から、同僚のマヌエラとは馬が合わない。 義弟のアッシュからは慕われていた。 技と速さに優れる。 名称は煤闇の章が追加された際に明らかになった。 他に共に未来を歩んだのは セテス - フレン カトリーヌ - シャミア でした。 」 エーデルガルト「お?」 クロード「なるほど・・・そう思う人もいるのか。

Next

#ファイアーエムブレム風花雪月 #クロード クロード「炎帝の仮面ダサくね?」エーデルガルト「えっ」

闘技場のスコアアップに繋がる効果となっています。 」 エーデルガルト「ブーーッ!!(紅茶を吐く音)そんな話じゃなかったじゃない!炎帝の仮面がダサい話でしょ!・・・師!!ちょっとわらいすぎよ!!」 ベレト「・・・笑ってない」 エーデルガルト「真顔で言ったらなんでも許されるわけじゃないのよ師!!」 クロード「で、ディミトリはどう思う?炎帝の仮面について。 王国ルートではグロンダーズの会戦でクロードに率いられて登場するも負傷し敗走、その後デアドラ救援戦で友軍として登場する。 スカウトは青獅子の学級では5月から可能だが黒鷲の場合、教会ルートに進んだ場合のみ3月に可能で、帝国ルートではスカウトできない。 フレーチェ=フォン=ベルグリーズ 声 - ランドルフの妹。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月

帝国貴族出身。 幽霊が苦手で、自分が手にかけた者が化けて出るのではないかと恐れている。 こうした経験から、紋章の有無を重んじる風潮には否定的で、なおかつ貴族としての特権を振るいかざして好き放題に振舞うような腐敗貴族も嫌っており、自身が皇女としての権限を振るいかざせるようになってからはバルテルス家の人々を虐殺したエミールを、その罪を抹消した上でフリュム家のイエリッツァや死神騎士として重用し、ランドルフやラディスラヴァの様な者も将軍に任じるといった、家柄や紋章の有無に関係の無い実力重視の人材登用を行い、帝国市民や将兵からはこの方針について一定の支持を得られている。 副官がいる場合、ユニットの戦闘時に副官との連携が発生する上、様々なサポートが発動するようになる。 システム 戦闘 天刻の拍動 『』の「ミラの歯車」のような戦闘での時間を巻き戻せるシステムで、使用すると1手単位で時間を巻き戻し、指示を出し直すことができる。 スキル スキル スキルは3種類あり、ユニット毎に最初から設定され、付け替えはできず、オンリーワンの性能を持つ「 個人スキル」、兵種ごとに設定されており、その兵種時のみ付与され、別の兵種になると外れる「 兵種スキル」、技能レベルに応じて覚えることができ、兵種スキルとは異なり、一度習得すればどの兵種の際もセットできる(最大5つ) 技能スキルが存在する。 1つ破壊すると、1度だけ反撃不能になる状態異常「 混乱」に陥り、その部分に限り必殺が通るようになり、防御力も大幅に低下する。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月

フォドラの教育を受けていないため字の読み書きが苦手。 少なくともアロイスと出会った30年ほど前と全く変わっていないとのこと。 解放後は王国の教会に身を寄せていたが、中央教会に見つかり保護されるが、魔物を呼び寄せる危険人物として魔物が現れても表立った被害にはならないアビスへと追い立てられることになった。 敵対する帝国ルートでは、フェルディアの戦いに参戦する。 自信家で負けず嫌い。

Next

ファイアーエムブレム 風花雪月

『』のDLC「ファイターパス」の追加キャラクターとして参戦。 135• 実家は宮内卿で、エーデルガルトが即位する際に宮内卿だった父を粛清して自身が家督と宮内卿の地位を継いでいる。 ヘヴリング伯爵家の嫡子。 ベレスが味方にならない場合、「皇帝としての気持ち」と「少女としての気持ち」の二つの方向が一致せず、それがストレスとなります。 順当に国王へと即位し、加えてレアやセイロス教団並びにセイロス騎士団という政治的にも軍事的にも強力な同盟相手を得たことにより、一見すると父のランベールを上回る盤石な基盤を得た王となり、ドゥドゥーやブレーダッド家直属の騎士を引き連れて戦場へ出るや凄まじい活躍をして、遂には「 嵐の王」と呼ばれるまでの存在となるが、その一方で王国側の犠牲を最小限に抑えるためならば表面上は友好関係を結んでいるレアやセイロス騎士団さえも盾や捨て駒として使い潰すこともやってのけるようになり、「正々堂々という言葉が似合わない男」とも評されている(が、教団指導者のレアの方も王国軍を利用しているのでお互い様ではある)。 同胞のセテスやフレンと違い竜化の力がまだ残っており、真の姿は「白きもの」という白い竜である。

Next