さつき ホーム クリニック。 埼玉県比企郡小川町 糖尿病 さつき内科クリニック

株式会社さつきホーム

まとめ できあがったパンフレットは、新規の患者様や地域包括支援センター、施設、居宅支援事業所等に順次お配りさせていただいています。 開業当初はがんの末期の方を中心に診ていましたが、在宅で診察を受けたい方はがんだけじゃない。 「誰に」向けて書くのかによって、文章の平易さや表現に違いが出てくるのと、何を伝えたいのか(こちらが伝えたいことと、読む人にとって有益であること)のバランスをとることに注意しました。 だが、とにかく良いもの・長く使えるものを作る』 そして、ざっくりの制作工程はこんな感じ。 — 月永さん : 在宅医療の場合は、各々の現場の距離が離れています。 院長:「One for all, All for one」。

Next

さつきホームクリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

決められた指示があるからやっているんじゃなくて、患者さんに無理難題を言うのでもなくて、「歩けない中でもここを少し変えてあげたらこんなに良くなるんだよね」とか「こうやりたいんですけど先生どう思いますか?」みたいに言ってきてくれるような。 一方で、看護師も看護力っていうものと看護師のプロフェッショナリズムで、その人の健康を、生活力を良くしたいっていうことしか考えていないので、セラピストも同様に、自分の持っている技術の守備範囲で、 患者さんをなんでもいいから良くしたいっていう気持ちを持ち続けていればそれでいいのかな、と。 皆さんの価値観・人生観に共感しながら過不足ない医療を提供できるよう努めます。 JCHOうつのみや病院で急性期病棟や回復期リハビリテーション病棟、通所リハビリテーション、介護老人保健施設等の経験を通し、退院後の在宅でのリハビリテーションの重要性を実感。 ですから24時間365日、必ず医療従事者、看護師や医師と連絡が通じる、必要に応じて私たちが往診する、患者様のご自宅に出向くというサービスをずっと続けています。 InBodyについて 当院では体内水量や筋肉量などを測定する機械を導入いたしました。 院長:リハビリテーションというものが医療における治療の一つだっていうことは決まっているので。

Next

さつきホームクリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

LINE WORKSを使うことで、全ての行動・決断がスピーディーになっていくので、より多くの患者様を受け入れていきたいウチの在宅医療には欠かせない非常に重要なツールです。 その日の出来事をまとめて、 全医師・看護師にトークで共有 さつきホームクリニックの今後の展望をお聞かせください。 表紙のイラストの雰囲気を活かすために、光沢がなく自然な肌触りの(?)紙になりました。 水沼:何らかのリハビリテーションサービスを利用した方がいいのか、やらなくていいのかの判断も含め、とにかくセラピストの目が訪問診療の時からあることで、対応の幅が広がるという話は、入職前から月永先生と話していました。 できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。 デザイン事務所などに一括でお願いするのではなく、それぞれ別の人にお願いするので打ち合わせや細々としたやりとりは増えますが、こちらのイメージ通りに形にしていくにはこの流れが最適だったかなと思います。

Next

【導入事例】医療法人賛永会 さつきホームクリニック

ドクター紹介 経歴:兵庫医科大学卒業後、順天堂大学泌尿器外科学入局し泌尿器科専門医取得その後丸山記念総合病院にて診療部長を務め、多くのがん患者さんに対し自ら手術・化学療法を行った。 (当院の名にもある「さつき」は宇都宮の花なのです) 一番攻めたのは、クリニックの名前を表紙に載せていないことでしょうか…。 そして今回はWebの印刷業者に発注するため、データ入稿も自分で。 測定希望の方は医師、またはスタッフにお声掛けください。 タイトルも、「さつきホームクリニック 診療のご案内」というあたりさわりのないものから「あなたらしい暮らしを支える 在宅医療」へ変更。

Next

さつきホームクリニック(栃木県栃木県宇都宮市花園町17

看護師からそこでの状況から推測された状態や症状を私にその場で伝える方法が、なかなかありませんでした。 そしてこのチームを在宅にも持ってきたいというのがある。 イラストを発注する イラストは、私が前職で一緒に仕事をしたこともある知り合いのイラストレーターさんにお願いすることにしました。 2020年を迎えたこのタイミングで、当院の新しいパンフレットが完成しました。 今回思ったのは、パンフレットがブランディングのツールになるということ。

Next

【対談】医師×理学療法士 「訪問リハビリテーションが在宅医療に絶対必要な理由」|さつきホームクリニック|note

それでも既読にならない、ちょっと反応が悪いという時はLINE WORKSでそのままビデオチャットをします。 何か文字にして置いてくれれば私も自分のタイミングで見られるし反応できる。 (助成金対象外の方も接種可能な場合あり) ワクチンは取り寄せとなりますのでご希望の方は必ず事前に当院までご連絡ください。 院長に送られてくる相談・報告トーク。 モノをインターネットにつなぐIoTのように、私は在宅医療をインターネットにつなぐIoZという造語を作って講演会でも話しています。 院長:治らない病気が多くあって、治し支える医療っていうのをやっていかなれければいけない中で、薬とか手術などといった治療ができなくても、 リハビリテーションという名の治療は誰でもできる。 こんにちは! さつきホームクリニックです 医療法人賛永会さつきホームクリニックは、栃木県宇都宮市で訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・医療相談を行う、在宅医療に特化したクリニックです。

Next