アンドラ ゴラス。 アルスラーン戦記で、アンドラゴラスは発狂したイノケンティス七世...

アルスラーン戦記の登場人物

文官 [ ] ルーシャン 声 - レイの領主。 しかし勇猛な女神官であるファランギースは 「今宵、闇に乗じて押し通る!」と言ったのです!! そこで素早くそれぞれの分担を決め、クバートは囮として派手にトゥラーン軍を引っ掻き回す役割に名乗り出ました。 「わしの特技を忘れたか?」 響いてくるシェーロス・・・・だと思っていた少年の声。 さて、今回気になったことは、ヒルメスが地下牢に捕らえられている、パルスの王アンドラゴラス三世と面会をした時のアンドラゴラスのセリフです。 第一次アトロパテネ会戦後、敗走するアンドラゴラス三世を庇うため手傷を負ったままに、ヒルメスに立ち向かって討たれる。 第2部ではパルス国の(ミフラーン。

Next

#17 アンドラゴラスさんちの危ない人々

第二次アトロパテネの戦いにおいてルシタニア軍で最も高潔な騎士と謳われたモンフェラート将軍を討ち取り、パルス王室の財宝が暴兵に奪われることを防ぐ。 確かに、大の大人の男同士でただぐーすか寝るだけでは楽しみに欠ける。 クバードとともにデマヴァント山の封鎖に赴く。 それに反論できず苦しむエステルを見かねてアルスラーンが間に入る、という話だったと思います。 デマヴァント山、宝剣ルクナバード、そして蛇王ザッハークは、この先の第二部でとても重要なキーワードとなっていきますので、ぜひ注目しておいてください。 ナワダ シンドゥラの将軍。 エクバターナ落城の際に落ち延びようとするが、ルシタニア兵の馬蹄に踏み潰されて殺される。

Next

CHARACTERS

王都アクミームで起きた混乱に乗じミスル国の乗っ取りを実行する。 無敗を誇るパルス軍を自ら率い、ルシタニア軍との第一次アトロパテネ会戦に臨むが、1人の将の裏切りにより敗北し、虜囚となる。 つまり、殿下は陛下の毛むくじゃらの胸の感触を探しているのだ。 侵入した賊によって城壁より突き落とされ死亡。 未熟者であったらしい。

Next

アルスラーン戦記のタハミーネの子について。最終巻で、タハミーネの子供に...

ゴンザガ男爵の弟。 そしてアルスラーンがルクナバードの力で勝利。 呆気なく死んだように見えるアンドラゴラス王ですが、彼の死は第二部の伏線になっています。 ある意味、君主としてはまだまだ頼りないところも……。 しかし、彼自身は守りを任されたエクバターナの陥落以降、常に心に鬱屈を抱え込んでおり、クバードからは死に場所を探しているようだと評された。

Next

アルスラーン戦記/アンドラゴラスをよく見ていた?隻眼のクバード【ネタバレ】

ルシタニア軍襲来時に、妹イリーナとともにダルバンド内海の西北岸にあるアクレイヤ城に逃げ込む。 父がヒルメスに殺害された後、敵討ちと息巻いて消息不明になった妹アルフリードを探してパルスを放浪する(父が妹であるアルフリードを次期族長に指名していたため。 侍医には聞きづらく、女官長には余計に聞きづらいからと、ギスカールはアンドラゴラスへの書簡で、それとなく尋ねてきた。 アルスラーンがパルスを解放したのちに産まれた。 エラムと共にペシャワール城塞奪回の戦いに赴いた際、息子ロスタムが宝剣ルクナバードの後継者に選ばれたことを知り、エラムに「この子の最初の臣たれ」と命じられた。 弱みを握られており、ボードワンらはペシャワールであると答えました。

Next

アルスラーン戦記 アンドラゴラス王が壮絶に言葉を噛んでる様に見える件について

というか今夜はもう絶対に寝ない。 主の鎧と同じく、黒毛の駿馬。 国王としてはさほど目立った功績をあげてはいない。 1巻から匂わされていたヒルメスとアルスラーンの出生の秘密の暴露が、本巻の何よりの見どころと言っても良いでしょう。 「・・・・」 待つほどもなくアルスラーンの瞼がふさがり。

Next