おお の まつ 親方 退職。 【大相撲】協会退職 阿武松親方の「心労」

益荒雄広生

2018年8月21日閲覧。 現役在位:68場所• それに恥じないように、師匠やおかみさんの教えを糧に横綱、大関を育てたい」と引き締まった表情で話した。 細身の速攻相撲で「白いウルフ」の異名で人気を誇った。 十両在位:21場所• ボクシング [6月25日 22:13]• 2019年6月25日閲覧。 現親方の名跡変遷の列の[現]はの名跡、[準]はの名跡、[借]は借株での名跡襲名を示す。 現役時代は1987年春場所で千代の富士ら2横綱4大関を撃破。 デイリースポーツ 2018. プロレス [6月23日 0:00]• ボクシング [6月26日 14:57]• 細身の速攻相撲で「白いウルフ」の異名で人気を誇った。

Next

元阿武松親方は退職 音羽山が阿武松襲名し部屋継承

高血圧など体調不良が理由とされているが、現職理事が任期途中で角界を去るとなれば異例。 部屋継承の意志を伝えられたのは名古屋場所前だったという。 29 株式会社デイリースポーツ、2018年4月4日閲覧• 十両成績:163勝135敗2休• その引っ越しなど、慌ただしい日々が続きそうだが「厳しい方だったけど(同時に)優しさ、思いやりのある師匠だった。 1979年春場所、押尾川部屋から初土俵。 体調不良で、外部の人とあまり接していないと聞いた。

Next

【大相撲】協会退職 阿武松親方の「心労」

22日の阿武松部屋の秋場所千秋楽パーティーでも辞める旨を出席者らに報告した。 2010年には協会理事選挙に強行出馬した貴乃花親方(元横綱)と行動を共にし、二所ノ関一門を離脱した。 阿武松親方は協会に残留するように説得を試みたが、貴乃花親方は逆に「圧力」と受け止めるなど両者の溝は埋まらなかった。 『相撲』2018年10月号 p. の名跡を襲名した者は、代々「浦五郎」の名も襲名する。 大相撲 [6月24日 15:42]• 外部リンク [ ]• photo• 東小結に番付を据え置かれた1987年5月場所でも2横綱(千代の富士・双羽黒)・2大関(朝潮・若嶋津)を破り、9日目には西関脇のに勝利し、10日目には大関取りが懸かった東関脇のを2度突っ掛けた後に一閃ので破るという大活躍を見せて10勝5敗の成績を挙げ、4場所連続での受賞となる2回目の殊勲賞を獲得した。 右足親指第 2趾剥脱創のため全休 関連項目 [ ]• 後の・やらと同期である。

Next

元阿武松親方は退職 音羽山が阿武松襲名し部屋継承

阿武松親方 大相撲の阿武松親方(58=元関脇益荒雄)が日本相撲協会を退職することになった。 10月には大鵬部屋から分家独立してを創設した。 ボクシング [6月25日 22:13]• 1987年9月場所で大乃国に寄り倒しで敗れた際に右膝のを痛めて途中休場し、この場所から怪我との戦いが続いた。 かつては、元貴乃花親方が率いた一門に所属していた。 2018年9月6日. デイリースポーツ online 2019年9月23日. 協会員のご紹介 年寄一覧 年寄名 かな読み 本名 役職 所属部屋 引退時 しこ名 最高位 八角 信芳 (はっかく) 保志 信芳 理事長 八角 北勝海 第61代横綱 尾車 浩一 (おぐるま) 中山 浩一 理事 尾車 琴風 大関 鏡山 昇司 (かがみやま) 黒谷 昇 理事 鏡山 多賀竜 関脇 境川 豪章 (さかいがわ) 小林 秀昭 理事 境川 両国 小結 春日野 清隆 (かすがの) 綛田 清隆 理事 春日野 栃乃和歌 関脇 出羽海 昭和 (でわのうみ) 小岩井 昭和 理事 出羽海 小城乃花 前頭二枚目 芝田山 康 (しばたやま) 青木 康 理事 芝田山 大乃国 第62代横綱 高島 大造 (たかしま) 蓬田 光吉 理事 宮城野 高望山 関脇 伊勢ヶ濱 正也 (いせがはま) 杉野森 正也 理事 伊勢ヶ濱 旭富士 第63代横綱 花籠 忠明 (はなかご) 坂爪 忠明 理事 峰崎 太寿山 関脇 藤島 武人 (ふじしま) 尾曽 武人 副理事 藤島 武双山 大関 高田川 勝巳 (たかだがわ) 宮本 勝巳 副理事 高田川 安芸乃島 関脇 若松 武彦 (わかまつ) 足立 武彦 副理事 高砂 朝乃若 前頭筆頭 高砂 浦五郎 (たかさご) 長岡 末弘 役員待遇 高砂 朝潮 大関 二所ノ関 六男 (にしょのせき) 日高 六男 役員待遇 二所ノ関 若嶋津 大関 陸奥 一博 (みちのく) 吉永 一美 役員待遇 陸奥 霧島 大関 入間川 哲雄 (いるまがわ) 後藤 哲雄 役員待遇 入間川 栃司 関脇 錦戸 眞幸 (にしきど) 小泉 政人 役員待遇 錦戸 水戸泉 関脇 佐渡ヶ嶽 満宗 (さどがたけ) 鎌谷 満也 役員待遇 佐渡ヶ嶽 琴ノ若 関脇 勝ノ浦 利郎 (かつのうら) 山田 利郎 役員待遇 鏡山 起利錦 前頭二枚目 中立 康照 (なかだち) 小岩井 康年 出羽海 小城錦 小結 甲山 剛 (かぶとやま) 齋藤 剛 伊勢ノ海 大碇 前頭十一枚目 峰崎 修豪 (みねざき) 上沢 秀則 峰崎 三杉磯 前頭二枚目 宮城野 誠志 (みやぎの) 田崎 誠 宮城野 竹葉山 前頭十三枚目 湊川 忠晃 (みなとがわ) 南 忠晃 二所ノ関 大徹 小結 陣幕 哲也 (じんまく) 矢木 哲也 八角 富士乃真 前頭筆頭 追手風 直樹 (おいてかぜ) 山崎 直樹 追手風 大翔山 前頭二枚目 粂川 佳弘 (くめがわ) 田村 昌浩 佐渡ヶ嶽 琴稲妻 小結 錣山 矩幸 (しころやま) 福薗 好文 錣山 寺尾 関脇 木村 瀬平 (きせ) 坂本 直人 木瀬 肥後ノ海 前頭筆頭 尾上 圭志 (おのえ) 濱洲 圭志 尾上 濱ノ嶋 小結 山分 喬喜 (やまわけ) 富永 丈喜 藤島 武雄山 前頭筆頭 稲川 有希 (いながわ) 内田 水 木瀬 普天王 小結 式守 秀五郎 (しきひで) 向 英俊 式秀 北桜 前頭九枚目 阿武松 健二 (おうのまつ) 中西 健二 阿武松 大道 前頭八枚目 山響 謙司 (やまひびき) 平野 兼司 山響 巌雄 前頭筆頭 千賀ノ浦 太一 (ちがのうら) 金尾 隆 千賀ノ浦 隆三杉 小結 大嶽 忠博 (おおたけ) 佐藤 忠博 大嶽 大竜 十両四枚目 武蔵川 光偉 (むさしがわ) 武蔵丸 光洋 武蔵川 武蔵丸 第67代横綱 時津風 正博 (ときつかぜ) 坂本 正博 時津風 時津海 前頭三枚目 田子ノ浦 伸一 (たごのうら) 積山 伸一 田子ノ浦 隆の鶴 前頭八枚目 中川 憲治 (なかがわ) 増田 憲治 中川 旭里 前頭十四枚目 湊 孝行 (みなと) 三浦 孝行 湊 湊富士 前頭二枚目 玉垣 伸哉 (たまがき) 成松 伸哉 友綱 智乃花 小結 玉ノ井 太祐 (たまのい) 志賀 太祐 玉ノ井 栃東 大関 大鳴戸 武春 (おおなると) 出島 武春 藤島 出島 大関 九重 龍二 (ここのえ) 須藤 龍二 九重 千代大海 大関 片男波 良二 (かたおなみ) 秋山 良二 片男波 玉春日 関脇 浅香山 博之 (あさかやま) 古賀 博之 浅香山 魁皇 大関 立川 敏生 (たてかわ) 山本 敏生 伊勢ノ海 土佐ノ海 関脇 竹縄 泰一 (たけなわ) 後藤 泰一 春日野 栃乃洋 関脇 浦風 冨道 (うらかぜ) 吉種 弘道 陸奥 敷島 前頭筆頭 朝日山 宗功 (あさひやま) 松澤 英行 朝日山 琴錦 関脇 二子山 雅高 (ふたごやま) 竹内 雅人 二子山 雅山 大関 東関 大五郎 (あずまぜき) 加藤 精彦 東関 高見盛 小結 放駒 新 (はなれごま) 岡部 新 二所ノ関 玉乃島 関脇 友綱 勝 (ともづな) 太田 勝 友綱 旭天鵬 関脇 西岩 忍 (にしいわ) 古川 忍 西岩 若の里 関脇 間垣 祐哉 (まがき) 森下 祐哉 時津風 土佐豊 前頭筆頭 伊勢ノ海 準人 (いせのうみ) 久我 準人 伊勢ノ海 北勝鬨 前頭三枚目 富士ヶ根 全陽 (ふじがね) 高橋 徳夫 春日野 大善 小結 白玉 克之 (しらたま) 渡嘉敷 克之 佐渡ヶ嶽 琴椿 前頭三枚目 二十山 仁 (はたちやま) 谷地 仁 春日野 栃乃花 小結 高崎 龍水 (たかさき) 松山 龍水 出羽海 金開山 前頭六枚目 立田山 裕教 (たつたやま) 吉崎 克幸 陸奥 薩洲洋 前頭筆頭 若藤 信英 (わかふじ) 大内 信英 入間川 皇司 前頭四枚目 岩友 守 (いわとも) 木村 守 春日野 木村山 前頭七枚目 三保ヶ関 篤志 (みほがせき) 岡本 篤 春日野 栃栄 前頭筆頭 雷 徹 (いかずち) 垣添 徹 武蔵川 垣添 小結 不知火 匡也 (しらぬい) 八木ヶ谷 匡也 阿武松 若荒雄 小結 立浪 耐治 (たつなみ) 市川 耐治 立浪 旭豊 小結 枝川 秀樹 (えだがわ) 寺木 秀樹 時津風 蒼樹山 前頭筆頭 谷川 英樹 (たにがわ) 木村 英樹 九重 北勝力 関脇 千田川 順 (せんだがわ) 玉城 順 錦戸 闘牙 小結 松ヶ根 栄来 (まつがね) 安本 栄来 二所ノ関 玉力道 前頭八枚目 立田川 豊英 (たつたがわ) 山本 洋介 錣山 豊真将 小結 浜風 政宗 (はまかぜ) 小島 章朋 佐渡ヶ嶽 五城楼 前頭三枚目 関ノ戸 竜太 (せきのと) 對馬 竜太 境川 岩木山 小結 鳴戸 勝紀 (なると) 安藤 カロヤン 鳴戸 琴欧洲 大関 錦島 太郎 (にしきじま) バダルチ・ダシニャム 高砂 朝赤龍 関脇 熊ヶ谷 大輔 (くまがたに) 高橋 大輔 片男波 玉飛鳥 前頭九枚目 小野川 明義 (おのがわ) 讃岐 明義 山響 北太樹 前頭二枚目 荒磯 寛 (あらいそ) 萩原 寛 田子ノ浦 稀勢の里 第72代横綱 武隈 豪太郎 (たけくま) 澤井 豪太郎 境川 豪栄道 大関 押尾川 旭 (おしおがわ) 成田 旭 尾車 豪風 関脇 安治川 竜児 (あじがわ) 杉野森 竜児 伊勢ヶ濱 安美錦 関脇 中村 雅継 (なかむら) 大西 雅継 尾車 嘉風 関脇 楯山 歓之 (たてやま) 三浦 歓之 伊勢ヶ濱 誉富士 前頭六枚目 荒汐 栄吉 (あらしお) エンクー・トプシン 荒汐 蒼国来 前頭二枚目 春日山 隆志 (かすがやま) 山内 隆志 藤島 武州山 前頭三枚目 君ヶ濱 幸観 (きみがはま) 棟方 幸観 境川 寶千山 前頭十四枚目 山科 哲博 (やましな) 山本 哲博 境川 佐田の富士 前頭二枚目 北陣 翔 (きたじん) 松平 翔 藤島 翔天狼 前頭二枚目 佐ノ山 浩作 (さのやま) 里山 浩作 尾上 里山 前頭十二枚目 音羽山 貴由輝 (おとわやま) 南 貴由輝 尾上 天鎧鵬 前頭八枚目 井筒 大樹 (いづつ) 梶原 大樹 時津風 豊ノ島 関脇 常盤山 靖仁 (ときわやま) 舛田 茂 千賀ノ浦 舛田山 関脇 待乳山 孝晴 (まつちやま) 田口 孝晴 春日野 播竜山 小結 出来山 双一 (できやま) 野村 双一 出羽海 出羽の花 関脇 桐山 国由 (きりやま) 酒井 健作 伊勢ヶ濱 黒瀬川 小結 大島 隆登 (おおしま) 西野 政章 友綱 魁輝 関脇 大山 進 (おおやま) 小椋 進 八角 大飛 前頭二枚目 でさらに詳しい情報がご覧いただけます。 現親方の最高位の列は番付の高位順にソートされる。

Next

元阿武松親方は退職 音羽山が阿武松襲名し部屋継承

合流後も阿武松親方と二所一門の一部親方との間で折り合いがつかなかったという。 皮肉としか言いようがない。 その上で阿武松部屋を継承することを承認した。 デイリースポーツ online 2019年5月25日. 日刊スポーツ 2019年5月22日20時26分(日刊スポーツ新聞社、2019年5月23日閲覧)• 錣山 宏夫(しころやま ひろお) 1990年7月-1990年9月• 大相撲 [6月25日 19:43]• 一時は優勝も期待されたが終盤5連敗し、最終的には9勝6敗の成績で終えたものの初のを獲得した。 現役引退後、所有のを借株で襲名し、2020年2月に音羽山へ名跡変更。 大相撲 朝乃山、無心で挑め大関場所/大ちゃん大分析 []• 孤立した貴乃花親方は協会を退職することになった。

Next

年寄一覧

幕内在位は20場所。 角界に「益荒雄旋風」を起こし「白いウルフ」の異名で人気を集めた。 時事ドットコム 2019年5月29日. ボクシング [6月25日 18:38]• この時期には、横綱・のニックネーム「ウルフ」になぞらえて一般からの公募により付けられた「白いウルフ」というニックネームでも知られるようになった。 審判部長を務めていたが、体調不良のため、7月の名古屋場所から休場が続いていた。 敢闘賞:2回(1986年11月場所、1989年3月場所)• プロレス 闘病中の佐山聡「7月世間があっと驚くすごい発表」 []•。 部長だからって、ミスしない人いますか?改善すべきなら伝え方、どうしたら改善できるのか頭を使うのが人間でしょ?それをその親方をたかが一相撲ファンという立場でしかない一部の悪質な人達がたった一つのミスで弟子達部屋付き親方も巻き込んだ誹謗中傷をし続けた事実は一生消えないと該当者は墓場までもっていけ!いい年齢をした大人達がすることではないし、心が狭すぎる!相撲ファンではない!ただの心の貧しい野次馬(笑)。

Next

阿武松親方 退職意向!理由は体調不良?!以前に引きこもり報道!

阿武松親方は2010年の協会理事選挙で強行出馬した元貴乃花親方(47=花田光司氏)と行動をともにし、二所ノ関一門を離脱した。 1位 益荒雄 20場所(1場所)• ボクシング [6月24日 13:52]• 定数105、空き名跡3。 名古屋場所と秋場所を2場所連続で全休していた。 大相撲 [6月26日 18:44]• 470• 1979年春場所に押尾川部屋から初土俵を踏み、87年名古屋場所で関脇昇進。 プロレス [6月22日 22:09]• 2020年5月29日現在、振分は元高見盛が名跡を東関へ変更、秀ノ山は元天鎧鵬が名跡を音羽山へ変更、清見潟は元武州山が名跡を春日山へ変更したことに伴い、それぞれ空き名跡となっている。 阿武松親方は昨年2月の協会理事候補選挙で初当選。 ボクシング 大橋ジム王者清水ら無観客興行でPCR検査実施 []• いずれにせよ、貴乃花親方が退職した1年後に阿武松親方も角界を去ることになった。

Next

【大相撲】協会退職 阿武松親方の「心労」

デイリースポーツ 審判部長としては任務を果たしきれない言動があったかもしれない。 これまで横綱5年が8人、大関3年が2人いたが、2015年2月12日に琴欧洲親方が鳴戸を襲名して以降、該当者はいない。 しかし、実は8月の段階で退職の意向を相撲協会へ伝え、22日に開かれた阿武松部屋の秋場所千秋楽パーティーでも辞める旨を出席者らに報告したという。 2019年5月29日閲覧。 共同通信 2019年6月25日. 阿武松部屋は、弟子の音羽山親方(元幕内大道)が継承する方針で、26日の理事会で審議される見通し。

Next