小滝 ちひろ ツイッター。 小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?

朝日新聞が小滝ちひろ編集委員の投稿を珍しく謝罪だと~「コロナウイルスは痛快な存在」~

「朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 同社の古川伝・編集局長は「ご遺族や関係者のみなさまに対する配慮に欠けた投稿だった」とコメントした。 小滝ちひろ氏のTwitter不適切発言内容はこちらです。 html という朝日新聞デジタルの記事にリンクを貼りツイートを行った。 朝日新聞広報アカウントが謝罪ツイートをしているが結局小滝ちひろ本人のコメントはないというね。 朝日新聞社の編集委員小滝ちひろなるものが「新コロナウィルスは痛快、、。 興福寺迦楼羅・非公式応援大使も仰せつかっています」。

Next

小滝ちひろの痛快発言による朝日新聞のクビ退社はいつで謝罪会見は?

上司である立場を忘れて部下を好きになってしまう!ということ、ありますね?あなたも部下を好きになり、正…• 広報部ではなく、小滝本人と経営陣が謝罪の記者会見を行い、小滝氏を首にするのが筋だ。 過去にも衝突事故で被害にあわれた方を侮辱するような発言もあり、 朝日新聞のクビや退社はいつか定かではないものの時間の問題でしょう。 鬼畜な発想で紙面を作っていることがよくわかるというものだ。 社内にときめく人がいる、想いを伝えたい!、といった社内恋愛。 でもメディア的には一歩前進。 朝日新聞社の見解ではありません」と表明したところで、 炎上の矛先は記者個人だけではなく会社にも及びます。

Next

朝日新聞が小滝ちひろ編集委員の投稿を珍しく謝罪だと~「コロナウイルスは痛快な存在」~

。 で、本人はアカウント削除して逃亡だから、結局、ソーシャルメディアで実名でやってる私たちが代わりに矢面に立つ形で、「痛快」という言葉をぶつけられている。 これが海外で報道されるとなった場合、日本人として非常に情けないです。 」とはあまりに配慮に欠けた発言です。 」 このツイートにより、炎上しました。 小滝氏の判断で謝罪もなしにアカウントを削除してしまったとしています。 」 「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。

Next

小滝ちひろTwitterアカウント削除!顔画像やプロフィールは?不適切発言で炎上!

ブックマークしたユーザー• 朝日新聞編集員の小滝ちひろ氏が新型コロナウイルスに関する不適切な発言をし炎上しています。 深くおわびします。 「この上なく痛快な気分」「痛快な逆転ホームラン」(出典:デジタル大辞泉(小学館)) 小滝ちひろさんのツイートは、「株価が急落して日本経済への不安が一気に高まって」「たまらなく愉快」「胸がすくようで、非常に気持ちがよい」とおっしゃっているように読めます。 小滝ちひろ編集委員不適切発言でTwitter炎上 朝日新聞編集委員・小滝ちひろ「超大国の大統領が恐れ慄く。 小滝さんの炎上発言への処分はある?釈明や謝罪は? 小滝さんは朝日新聞デジタルの自身の紹介欄で 「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 五輪景気への期待、「延期」発言で吹っ飛ぶ世界株安」 この投稿に対して批判が殺到し、アカウントを削除後、 朝日新聞広報部が見解を発表。 朝日新聞大阪本社の小滝ちひろ編集委員が、不適切ツイート「戦場でもないところでなにやってんの」 イージス艦衝突事故で — 2017. 朝日新聞の小滝ちひろ編集委員「新型コロナは痛快な存在!」 2月13日、朝日新聞編集委員という大幹部の小滝ちひろ氏はとんでもない投稿を行った。

Next

朝日新聞の小滝ちひろ編集委員「新型コロナは痛快!」→ 小さく訂正、三浦記者「安倍に怒号を浴びせろ!」「福島原発は管理不能!」、ウェブ紙面では復興を喜ぶ県民よりも「無人の帰宅困難地域」を強調!まるでテロリストの発想!!

社内恋愛でまだ片思いの段階、付き合う前の段階でもいろいろありますね。 本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。 批判が相次いだため、13日のうちにアカウントを削除していた。 また、炎上を受けて小滝ちひろ氏はTwitterのアカウント、そしてFacebookのアカウントまで削除しているということです。 そのツイートが以下ですが... 元になったニュースは朝日新聞の「」。 また、小滝氏は過ちを認め「心からおわびします。 「さすが朝日新聞の編集、世界規模の不景気と死者出ても『痛快』と形容する」 「『戦争でもないのに』イタリアでは1000人以上が亡くなっている原因となってるウィルスを『痛快』と言う朝日新聞社員」 といったツイートが寄せられていたようである。

Next

朝日新聞の小滝ちひろ編集委員「新型コロナは痛快!」→ 小さく訂正、三浦記者「安倍に怒号を浴びせろ!」「福島原発は管理不能!」、ウェブ紙面では復興を喜ぶ県民よりも「無人の帰宅困難地域」を強調!まるでテロリストの発想!!

「朝日新聞デジタル」に記載されている小滝氏のプロフィールによれば、小滝氏は奈良をベースとして主に文化財と古社寺を担当しているという。 担当は社寺・文化財担当。 朝日新聞の小滝ちひろ編集委員は、「反権力」「アメリカ嫌い」という自分の考えに凝り固まった結果、人の死を死とも思わなくなっている。 人が大勢死んでいるのに頭おかしいだろ?皆よく覚えておくように」「狂ってる」 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y 今回の炎上の原因は、新聞記者でもあるはずの人物がこのようなツイートをしました。 怒鳴るという行為は暴力である。 今回問題となっている投稿も、本人は少しウィットを効かせた表現をしたつもりになっているのかもしれませんが、こういう投稿がシャレでは済まされないということに気づかない感覚が、やはり世間とはズレていますよね」. 小滝ちひろの朝日新聞クビ退社はいつなのか 小滝ちひろの朝日新聞クビ退社はいつになるのかリサーチしてみました。 上司が部下を好きになるきっかけには実にいろいろなパターンがありますし、部下から上司に送る「好きサイン…• 小滝ちひろの謝罪会見はあるのか 朝日新聞編集委員 小滝ちひろ氏の謝罪会見について、米海軍イージス駆逐艦とフィリピン船籍のコンテナ船の衝突事故の不適切ツイートに関しては Twitter上で「不快な思いをされた方々にお詫びします」と謝罪しており、 会見は開いておりません。

Next

【小滝ちひろさんの思想は】朝日新聞記者のTwitter炎上、死者が出てる重大さよりも政治的な思想を優先させた記者にSNS教育が必要【朝日新聞の思想そのもの!】

朝日新聞] 朝日新聞社 広報 on Twitter: "朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 五輪景気への期待、「延期」発言で吹っ飛ぶ 世界株安:朝日新聞デジタル — 小滝 ちひろ chihiroktk 痛快とは? そしてこの怒号。 Twitterは一見するとタイムラインしか見えませんが、インターネットなので世界中に発信しています。 3月14日、日本時間未明にトランプ大統領が「非常事態宣言」を出したことを指摘しているのだと推測できます。 事故に遭われた方やそのご家族への配慮に欠け、不適切でした。 ともかくも、朝日新聞は社としてテロリストマインドが漏れ出すような人物をSNSでの発信を担わせるにふさわしいものとして、社内制度で資格を与えていた。

Next

朝日新聞「小滝ちひろ編集委員がツイッターに不適切な投稿。説明やお詫びなしにアカウントを削除したことも不適切。深くお詫びします」⇒記者ページからも削除

小滝ちひろ経歴プロフィールや学歴 名前:小滝ちひろ 生年月日:1962年 出身地:福島県 学歴:上智大学文学部 趣味:空手 上智大学文学部を卒業して、朝日新聞へ入社しています。 「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏は13日、自身のTwitterアカウント上で「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 あなたの周りにもきっと1人や2人はいるはず「使えない部下」。 「朝日新聞デジタル」に記載されている小滝氏のプロフィールによれば、小滝氏は奈良をベースとして主に文化財と古社寺を担当しているという。

Next