あおり運転ポスター。 令和2年改正道路交通法「あおり運転は犯罪!! 免許取消!!」ポスター・リーフレットについて|警察庁

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

改正道交法は、あおり運転を「通行妨害の目的で交通の危険の恐れがある方法により一定の違反をする行為」と定めた。 ポスターに対しては、 「購買意欲を煽ってますねぇ」 「これは『良いあおり』」 「ネギ生えた」 といったコメントが寄せられている。 具体的には、 「逆走して進路をふさぐ」「幅寄せ」「進路変更」「不必要な急ブレーキ」「ベルをしつこく鳴らす」「車間距離の不保持」「追い越し違反」の7行為が想定されている。 この事件をきっかけに、いわゆる「あおり運転」に対する法整備も行われ、世間の目はあおり運転に対して、よりいっそう厳しくなりました。 過去(2018年9月)、MOTAのTwitterフォロワーの方たちに「あおり運転の被害に遭った経験はありますか?」とアンケートを取ったところ、なんと70%以上(回答数:286件)の方から「あおり運転の被害に遭ったことがある」と回答がありました。 白い車から降りて、こちら側に怒り声を上げながら向かって来る男性。

Next

中2が描いた交通安全ポスターに既視感 常磐道のあおり運転モチーフ?

FragolApeさんはこのデザインにした理由について、 「最近、メディア等であおり運転や危険運転、交通のマナー違反が社会問題となっています。 あおり運転はSNSでインターネット上に公開されると瞬く間に日本中に拡散されてしまいます。 あおり運転は道路交通法違反に該当するれっきとした犯罪行為です。 このツイートにはこんな反応が。 話を自転車による妨害運転罪に戻すと、現実問題として免許の要らない乗り物だけに、被害がなければ処罰することは難しい。 被害男性の車を停車させ、顔面を5発も強打した凶暴な事件だった。

Next

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

このあたりの意識の薄さも、今回の法改正で変わっていくことになるだろう。 「センスありすぎです(笑)」 「ポスターが煽ってて草」 「時事ネタを盛り込むとは 天才!」 「センスありすぎ」「天才!」と、ポスターの出来栄えに賛辞が贈られている。 そして自分も周りのドライバーや歩行者のスマホ、防犯カメラに見張られていると意識して運転することだ。 。 今では様々なサービスのアプリ化が進んでおり、ドライブレコーダーのアプリも続々と登場しています。

Next

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

妨害運転罪として検挙された場合は、3年以下の懲役か50万円以下の罰金、それと運転免許の取り消しに加えて2年間の欠格期間が科せられる。 ということはつまり、「速度制限だけでなく、交通の円滑な流れを保つことも重要である」と警察が判断しているということです。 9999 0533Y 私が被害に遭ったわけではありませんが、あおり運転はやめましょう!! — 8cherry 21cherry13 この車種がしりたいです、 あおり運転されました。 まず発想がすごいなと思いました」と驚いていた。 また、環状交差点に進入する際は徐行しなければならない。 そして自分も周りのドライバーや歩行者のスマホ、防犯カメラに見張られていると意識して運転することだ。

Next

危険なあおり運転を厳罰化──改正道交法

罰則は最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金。 下記リンク先で「あおり運転」の厳罰化について動画で解説しています。 さらに弟が茨城で起きた事件を題材にしようと思った理由について、「インパクトが強くひと目見れば分かると言うようなポスターを描きたいと考え描いたそうです。 秀逸なポスターを見て、あおり運転についていま一度危険さに思いを巡らしてほしい。 ぜひご覧ください。 最近、高速道路で他の車をあおって停止させ事故を誘発したり、運転中スマートフォンを操作して重大事故を誘発するなど、「ドライバー失格」としか言いようのない行為が目立つようになり、取締りや罰則が極めて厳しくなっています。

Next

あおり運転の対策・対処法|正しく身の安全を守るマニュアル|交通事故弁護士ナビ

ただし、バスの運転手の方が「 常に周りから見られている意識」すなわち「プロ意識」がトラックの運転手と比べて 圧倒的に上です。 購入される際は、前後録画可能なモデルを選びましょう。 題材となっているのはあおり運転殴打事件の2人で間違いないが、このポスターの主人公は、あくまで「農村社会において活躍する架空の夫婦」だ。 それはクルマを運転している時には歩行者に気を使っていることの裏返しなのだろうが、それが悪循環となっていることにそろそろ気付くべきだろう。 そして、その様子をガラケーで撮影している女性。

Next