とんとん とんとん こぶ じいさん。 ひげじいさんのうた

ひげじいさんのうた

人指し指と人指し指をちっちゃく重ねている姿にキュンキュンしてしまう…。 他にも、いろんなバージョンが出来そうですよね。 この作品が含まれるテーマ• 末っ子は4歳。 いないいないばあ遊びのように楽しめる展開になっています。 が、子供は日々成長して大きくなっているんですよね。 不安定な音程。

Next

とんとんとんとん「こぶじいさん」?「アンパンマン」?

(上の動画と同じ) 両手をグーにして、 片手を肘に、もう片方の手を頬に当てて首をかしげる。 お姉ちゃんもお兄ちゃんも、年少さんのときに歌ってくれた手遊び歌がたまらなくかわいかったなぁと思い返します。 二匹は、手遊びしながら「とんとんとんとん」と歌います。 幼稚園から帰ってきた我が子が、ちょこちょこ指を動かしながら口ずさんでいる時があります。 はじめてこの手遊びをやってみる子どもたちには、わかりやすい遊び方のガイドになりそうですね。 する人も,すっごく楽しい手遊びです。

Next

とんとんとんとん ひげじいさん 手遊び歌 歌詞

また、「とんとん」「とんとん」。 舌足らずな言葉。 とんとんとんとん「こぶじいさん」?「アンパンマン」? 1歳児の子供を保育園に預けてフルタイムで働く28歳のワーキングママです。 『ひげじいさん』の作曲者が、この』を参照したかどうか不明だが、偶然の一致だとしたら、それはそれで興味深い。 この「とんとんとん」に「とん」を一つ追加して「とんとんとんとん」にすれば、まさに『ひげじいさん』のフレーズが誕生してしまうから面白い。

Next

全ページ読める|とんとんとんとん ひげじいさん|絵本ナビ : こすぎ さなえ,西内 としお みんなの声・通販

両手をグーにして交互にトントンとたたき、あごや鼻の前でグーを重ねて「ひげじいさん」や「てんぐさん」などを表現していく。 さて、最後に登場するのは?親子で思いっきり想像力をふくらませてみてくださいね。 。 「とんとん」「とんとん」 きつねさんとたぬきくんが歌っています。 『ひげじいさん』とよく似たメロディは、クラシック音楽の 第4楽章に登場するが、関連は不明(詳細は後述)。

Next

ひげじいさんのうた

なお、こうしたクラシック音楽と日本の民謡・童謡との間における偶然の一致については、こちらのお遊び企画「」でいろいろまとめているので、こちらも是非お立ち寄りいただきたい。 あのときのこの絵本があったら、どんなに楽しかったことでしょう。 どんどんよい絵本が出てくるので、たまにこうして悔しい気持ちになります(笑)。 試聴する KKBOXを起動 ひげじいさんのうた 作詞:- 作曲:- とんとんとんとん ひげじいさん とんとんとんとん こぶじいさん とんとんとんとん てんぐさん とんとんとんとん めがねさん とんとんとんとん 手はうえに キラキラキラキラ 手はおひざ とんとんとんとん ひげじいさん とんとんとんとん こぶじいさん とんとんとんとん てんぐさん とんとんとんとん めがねさん とんとんとんとん 手はうえに キラキラキラキラ 手はおひざ とんとんとんとん ひげじいさん とんとんとんとん こぶじいさん とんとんとんとん てんぐさん とんとんとんとん めがねさん とんとんとんとん 手はうえに キラキラキラキラ 手はおひざ. この作品が含まれるシリーズ• るを何回も言ってるところや、せいが伸びる表現が面白くて。 でも・・・ あれ? 絵本のなかには、きつねさんとたぬきくんの楽しそうな場面がもうひとつあるようですよ。

Next

全ページ読める|とんとんとんとん ひげじいさん|絵本ナビ : こすぎ さなえ,西内 としお みんなの声・通販

でも大変。 楽譜と手遊びの方法も載っています。 普通の歌とは違う歌詞が出てきますが、そこがまた楽しいですね。 ページをめくるたびに驚いたり、喜んだり。 さあ、楽しそうに遊ぶ二人を見ていると、一緒に歌いたくなってきます。 「おっぱい飲んで」 のところ、口の前で手を「キュッ!」と縮めるのがかわいいですね。

Next

全ページ読める|とんとんとんとん ひげじいさん|絵本ナビ : こすぎ さなえ,西内 としお みんなの声・通販

本書では、きつねとたぬきが登場。 次に何がでてくるかという期待を高めて、想像力をふくらませて遊びましょう。 右にかしげて、左にかしげて。 だから、育てるのは大変だけど小さくて可愛い時期の一日いちにちを大切に過ごしたいなと。 絵本ナビの試し読みで知りました。 JASRACデータベースによれば、作詞者は不詳、作曲者は玉山 英光とされているが、詳しい作曲の経緯は不明。 歌を覚えていても、「こぶじいさん」や「てんぐさん」に変身するたぬきくんの見事な化けっぷりに思わずクスッ。

Next