ポピンズ 勤怠。 株式会社ウィッシュ【ポピンズグループ】

勤怠管理システム「タッチオンタイム」

各種給与システムなどとの連携も。 まるめ設定 打刻の切り上げ・切り捨てなども規則にあわせて細かに設定可能• 予実管理も行えます。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 休暇の自動付与、一括処理もできる• 外回り先でも正確な勤怠管理ができれば、この問題は改善できると考えていました。 その他エリアはお問い合わせください。 短期間ではありますが、現場を肌で感じ、現場で求められていることを知る。 しかし、どうしても勤怠報告の精度が人によって異なる点は避けられず、また管理職側が従業員の勤怠や業務量の過不足を把握しきれないという課題がありました。

Next

会社概要|ポピンズについて|ポピンズ

転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。 ほぼ全員が中途入社のメンバー。 前職は「幼稚園の先生」や「旅行会社の営業」、「介護の営業」など、様々。 2009年には、事業所内保育所2ヶ所、学童保育所1ヶ所を設置するなど、名古屋エリアでも事業を拡大しています。 ただ一方で、当社の社風柄ハイテクで操作が難しいシステムは向いていないので、使いやすくてわかりやすいものがほしいという課題もありました。

Next

期間限定!無料トライアル申込|勤怠管理・シフト管理システムのjinjer

スマホ管理画面 管理画面もスマホ対応。 今後、運営する保育施設が増え、採用する保育スタッフの数も増えるため、新たな人事スタッフを募集します。 その後は、各保育施設の 責任者が勤務シフトを作成しますので、勤怠実績に基づく給与計算をお願いします。 勤務日時間応相談。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。

Next

株式会社ウィッシュ【ポピンズグループ】

創業以来、大きな宣伝を行なうことなく、口コミで支持を増やしてきた私たち。 30代が4名、40代が1名、50代が1名という構成です。 各自治体から保育園や学童クラブなどの運営を受託している私たち。 シフト制・固定勤務など様々な勤務形態を組み合わせてスケジュール登録できます。 集計/出力 出力項目もカスタマイズ可能。

Next

料金

この日々蓄積されるビッグデータを分析し、各個人や会社が「時間」を意識することによって労働生産性をあげ、労働時間の削減につなげることはできないかと考えております。 「勤怠 出社・退社 を管理する」という意味ではすでに何かしらの方法で行っているかと思います。 勤怠管理システムの12の機能• 当社が受託運営する学童クラブ、児童館、放課後ひろば、多世代施設では、利用する子ども達、保護者の方々、地域や行政の方々、一緒に働く職員など、様々な方と関係性を築いていきます。 お客様の多くは「働きながら子育てをされているお母様」。 これらの施設で働く職員たちの相談にのったり、 保護者や自治体とコミュニケーションを図りながら、 子どもたちの笑顔が溢れるより良い環境づくりをしていくのが スーパーバイザーのお仕事です。 「満足度80%以上」と、多くの親御様から高いご満足をいただいています。

Next

株式会社ウィッシュ【ポピンズグループ】

ポジションや能力によって過不足人員管理も• 20時間を超える場合は、別途残業代を支給。 人々の想いを親身になってくみ取り、コミュニケーションをとりながら調整し、施設運営をサポートするのがスーパーバイザーの仕事。 」 当社の業務フローは直行直帰が多く、オフィスでタイムカードの打刻を行う既存の勤怠管理システムに合っていませんでした。 IEYASUを導入して「社内に笑顔が増えた」とおっしゃっていただけるような仕組みを目指してまいりますので今後とも何卒よろしくお願い致します。 」 決定要因は、jinjer勤怠の営業担当者に見せてもらったデモ画面がとにかく「使いやすそうだ!」と感じたからです。

Next

IEYASU株式会社

問い合わせ対応/当社の保育サービスなどをご説明し、応募者の疑問・不安を解消。 直観操作で使いやすい 既存の勤怠管理において抱えていた課題 「外回り先でも正確な勤怠管理ができれば。 実際に使い方をレクチャーしてもらったのですが、スマホさえ使えれば誰でも簡単に使いこなせるうえに他社の給与計算ソフトとも連携してるのもよかったです。 私自身がこの問題に対する答えとして選んだ道が「独立」でした。 きっと「無駄」はあります。 しかしながら、そこを「複雑化」しないように心がけてください。

Next

勤怠管理システム「タッチオンタイム」

既存の勤怠管理において抱えていた課題 「旧来のやり方では管理に限界を感じていました。 面接の日程調整/各保育所の求める人物・条件を確認し、面接の優先順位を決定。 労働時間を減らすことが目的ではなく、「労働生産性をあげる」そして「作り出した新たな時間」によって様々な事情をもつ「仲間」が「個人の(人生の)目的」を達成するために活用していただきたいと思います。 その後は、統括マネージャーの杉浦がOJTでサポート。 統計/可視化 勤怠状況による社員モチベーションや打刻率、平均残業時間などもランキングに• 【保育施設の企画・運営】や【ナニー(教育ベビーシッター)事業】などを手がける当社。

Next