世田谷 区 洪水 ハザード マップ。 世田谷区のハザードマップ

東京都北区洪水ハザードマップ|東京都北区

正確な情報収集を ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。 このコンテンツとの関連情報• 行政区ごとに発行されており、インターネットで公開している役所もあるので、「市区町村名+洪水ハザードマップ」などで検索してみるといい。 想定について• 【避難方法】• 高潮 : 東京都(平成30年3月). 最新の浸水予想区域図を反映していませんので、ご注意ください。 区民の皆様の安全を最優先とするため、全戸配布するまでの間、世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(暫定版)を公開します。 区ごとの詳しいハザードマップを見ることができます。

Next

大田区ホームページ:ハザードマップや災害情報の収集方法の確認

世田谷区の賃貸 ただし 地震の規模や震源の深さによっては... たとえ良い地盤であっても強く揺れるんでしょうね。 30年以内に発生する確率 5弱以上 99. setagaya. 浸水の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川・下水道の整備状況により変化します。 気象情報• マンホールの異常を発見したら 問い合わせ:都下水道局 杉並出張所 電話03-3394-9457• (1)作成主体 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所 (2)指定年月日 平成28年5月30日 (3)告示番号 国土交通省関東地方整備局告示第218号 (4)指定の根拠法令 水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項 (5)対象となる洪水予報河川 ・多摩川水系多摩川(実施区間) 左岸:東京都青梅市畑中万年橋から海まで 右岸:東京都青梅市畑中万年橋から海まで ・多摩川水系浅川(実施区間) 左岸:東京都八王子市中野町から多摩川合流点まで 右岸:東京都八王子市元本郷町から多摩川合流点まで 対象となる水位周知河川 ・多摩川水系大栗川 左岸:東京都多摩市関戸から多摩川合流点まで 右岸:東京都多摩市関戸から多摩川合流点まで (6)指定の前提となる降雨 多摩川流域の48時間総雨量588mm (7)関係市区町村 東京都品川区、大田区、世田谷区、八王子市、立川市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、日野市、国立市、福生市、狛江市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、神奈川県横浜市鶴見区、川崎市川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区• 避難対象地域のお住まいの方は、ご注意ください。 落ち葉による雨ますの詰まり等により起きる浸水は、シミュレーションでは、反映しきれないため、注意してください。 お住まいの地域の広域避難場所を確認しましょう。 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所作成の「」(平成28年5月30日公表)に基づき、品川区が作成を行いました。

Next

広域避難場所、避難所等一覧

このような大雨の場合、主に区立小中学校を避難所とすることとしております。 斜面から小石がパラパラ落ちてくる。 建物の上層階へ避難しても、建物内に孤立する可能性がありますので、浸水想定区以外へ避難してください。 南西部は多摩川に沿い、成城・大蔵・瀬田・野毛に至る急な崖がけ(国分寺崖線)がある。 12時間前の過去の降水履歴から15時間後の降水予報を確認できます。 荒川 : 国土交通省(平成28年5月)• なお、区市町によっては、基にしている図によって、複数の洪水ハザードマップを作成している自治体もあるため、対象となる自治体の全てのハザードマップを確認するようにしてください。 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。

Next

ハザードマップポータルサイト

地盤について詳しく知りたい人は をご覧ください。 地図面を分割したイメージです。 世田谷区の新築一戸建て• 品川区高潮浸水ハザードマップ この図は東京都沿岸部(東京都区間)において「想定し得る最大規模の高潮」により、氾濫が海岸や河川から発生した場合に浸水が想定される区域と想定される最大の水深、浸水の継続時間、避難所等を示したものです。 図の種類 公表主体 1 都市型水害対策連絡会 2 東京都 3 国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所 4 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所 5 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所 6 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所 国土交通省関東地方整備局利根川下流河川事務所 7 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所 8 東京都下水道局流域下水道本部、立川市、府中市、小金井市、小平市、国分寺市、東村山市、国立市 東京都における洪水ハザードマップ公表状況図(令和元年10月現在) ハザードマップに表示している避難場所などの情報については、 作成した各区市町にお尋ねください。 隅田川・新河岸川・石神井川・神田川がはん濫した場合 隅田川・新河岸川・石神井川・神田川がはん濫した場合に、区民のみなさんが自主的に安全かつ円滑な行動を取れるよう、東京都のシミュレーションに基づく浸水予想想定区域およびその深さ、避難時の心得、地下埋設の危険性、気象情報等のありか、雨量の感じ方などを記載しております。 表示は、一辺が10メートルのメッシュ(区画)が単位になっています。 洪水の際は地面の状況がわかりにくくなりますので、長い棒状のもので地面を探りながら歩くなどして、側溝や排水路に転落しないように注意してください。

Next

わが家の水害ハザードマップ|杉並区公式ホームページ

道路・交通計画部道路管理課(第一庁舎4階)• 緊急避難建物について 避難するとき 避難の9つの心得 いざというときのために 大雨・災害情報について 避難行動メモ 関連情報 足立区洪水ハザードマップは、河川等の各管理者が作成した以下の浸水想定区域図及び浸水予想区域図に基づいて作成しています。 「東京防災」「東京くらし防災」が閲覧できるアプリです。 あわせてご覧ください。 浸水実績図は、その名の通り実際に住宅や地下駐車場などに浸水した実績が地点で地図上に落としてある。 世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(暫定版)は、区のホームページでのみ公開しています。 世田谷区では、区民の皆さんに区内における水害に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくこと等を目的に、浸水の予想される区域や浸水の程度、避難所等の情報を記載した世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版、全区版)を作成しています。 この情報はお役に立ちましたか? お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

Next

港区公式ホームページ/浸水ハザードマップ

また、「千代田区洪水避難地図(洪水ハザードマップ神田川版)」は、東京都が平成13年8月と平成15年5月に公表した「浸水予想区域図」の千代田区部分を抜粋したものです。 詳しくは、下記のPDFファイルをご覧ください。 危機管理部災害対策課(第三庁舎3階)• 洪水や大雨などが激しくなり、立ち退き避難のために屋外に出るほうがかえって危険な場合は、屋内のより安全な場所に避難しましょう。 tokyo. 洪水ハザードマップをご活用いただき、いざというときに備えて自宅周辺の地理や避難所の位置を確認し、家族で避難時の行動を話し合っておくなど、日頃からの備えをお願いいたします。 全区版 ファイル 内容および表示地域 全体図 全区版の全体図 分割版1 北烏山1丁目~9丁目、南烏山1丁目~6丁目、給田1丁目~5丁目、上祖師谷1丁目、粕谷1丁目~4丁目、上北沢1丁目~5丁目、八幡山1丁目~3丁目、赤堤4丁目・5丁目、桜上水3丁目~5丁目 分割版2 赤堤4丁目~5丁目、桜上水3丁目~5丁目、松原1丁目~5丁目、大原1丁目~2丁目、北沢1丁目~5丁目、羽根木1丁目~2丁目、代田6丁目、梅丘1丁目 分割版3 給田1丁目~2丁目、上祖師谷1丁目~7丁目、粕谷1丁目~4丁目、八幡山1丁目~2丁目、上北沢1丁目、桜上水1丁目~5丁目、赤堤5丁目、成城1丁目~9丁目、喜多見6丁目~9丁目、千歳台1丁目~6丁目、船橋1丁目~7丁目、祖師谷1丁目~6丁目、経堂1丁目~5丁目、宮坂3丁目、砧1丁目~8丁目、桜丘1丁目~5丁目、桜2丁目~3丁目、大蔵1丁目~4丁目、上用賀1丁目~6丁目、弦巻5丁目 分割版4 桜上水1丁目~5丁目、赤堤1丁目~5丁目、経堂1丁目~3丁目・5丁目、松原3丁目~6丁目、羽根木1丁目、代田1丁目~6丁目、北沢1丁目~3丁目、代沢1丁目~5丁目、宮坂1丁目~3丁目、豪徳寺1丁目~2丁目、梅丘1丁目~3丁目、桜1丁目~3丁目、桜丘1丁目、世田谷1丁目~4丁目、若林1丁目~5丁目、太子堂1丁目~5丁目、三宿1丁目~2丁目、池尻1丁目~4丁目、弦巻1丁目~5丁目、三軒茶屋1丁目~2丁目、上馬1丁目~5丁目、下馬1丁目~6丁目、野沢1丁目~4丁目、駒沢2丁目~3丁目、新町3丁目、桜新町2丁目、上用賀1丁目~4丁目 分割版5 避難所一覧、喜多見1丁目~7丁目、大蔵1丁目~6丁目、砧公園、宇奈根1丁目~3丁目、鎌田1丁目~4丁目、岡本1丁目~3丁目、上用賀1丁目・3丁目・5丁目、用賀2丁目~4丁目、玉川台1丁目~2丁目、瀬田1丁目~5丁目、玉川1丁目~4丁目、上野毛1丁目~4丁目、野毛3丁目 分割版6 尾山台1丁目~3丁目、玉川田園調布1丁目~2丁目、奥沢1丁目~8丁目、等々力1丁目~8丁目、野毛1丁目~3丁目、玉川1丁目~2丁目、上野毛1丁目~4丁目、瀬田1丁目~3丁目、玉川台1丁目~2丁目、用賀1丁目~4丁目、上用賀1丁目・3丁目、桜新町1丁目~2丁目、新町1丁目~3丁目、中町1丁目~5丁目、深沢1丁目~8丁目、駒沢1丁目・3~5丁目、上馬3丁目、野沢2~4丁目、弦巻2丁目、下馬6丁目 分割版7 避難所一覧(続き)、凡例、浸水深の色の見方 分割版8 玉堤1丁目~2丁目、野毛2丁目、等々力1丁目、尾山台1丁目~3丁目、奥沢1丁目・3丁目・4丁目・8丁目、玉川田園調布1丁目~2丁目、東玉川1丁目・2丁目、凡例(続き)、連絡先一覧 添付ファイル• 足立区では、想定しうる最大規模の降雨等による浸水想定を踏まえた「足立区洪水ハザードマップ」(下記PDFファイル参照)を作成し、冊子を区内全世帯に配布するほか、以下の窓口にて閲覧、販売しています。 平常時に確認しておいて、いざという時落ち着いて行動できるようにしましょう。 令和2年1月31日に下記の施設について新たに指定致しました。

Next