気象 レーダー ナウ キャスト。 高解像度降雨ナウキャストを使いこなす

気象庁|雷ナウキャストとは

改善の中身は少しややこしいものになってますが、結論としては、もともと実際よりも多めに表現されがちだったデータが、 より実際の値に近いものを表現できるようになったようです。 fc2. そんな『高解像度降水ナウキャスト』ですが、。 利用上の留意点• 東京都とその周辺地域のデータを見ることができる。 、実際の降水よりもはるかに強い降水が表示されることがあります。 html 小野と申します。 といわれても、よくわからないのですが、雨粒の発生や落下を計算する対流予測モデルを用いた、ということです。 色々なシステム、使用レーダー、運用元が纏めてあって参考になりました。

Next

気象庁|雷ナウキャストとは

降水予報システムを調査していたところ、たどり着きました。 大都市部を中心とした多くの地域(=Xバンドのカバー地域のみ)をかなり詳細に見ることができる。 で、今日の大雨への警戒について書いていましたが、九州では日降水量200ミリを超える大雨となったところがありました。 Motion becomes smoother after reading images once and storing into the cache. どう変わったのか?高解像度降雨ナウキャスト 下の画像は 従来のナウキャストと 高解像度ナウキャストにおいて、同時間帯での解析の違いです。 jpの運営元)で行っているが、その情報がtenki. 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 気象庁のような降水予想はなし。

Next

気象庁|雷ナウキャストとは

発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 なお、降水ナウキャストでは予測初期値を実況値と呼ぶのに対し、高解像度降水ナウキャストでは解析値あるいは実況解析値と呼んでいます。 。 高解像度降水ナウキャストは、これら気象ドップラーレーダーの観測データに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、やの高層観測データ、国土交通省レーダ雨量計のデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析して、250m解像度の降水分布を30分先まで予測します。 Color Legend of Radar Images The following shows the color legend of radar images. 図は平成26年6月29日16時00分を初期値として16時20分を予測した予測値とその時間の実況及び解析値。 なお、急に雷雲が発達することもあり、活動度の出ていない地域でも天気の急変には注意する必要があります。 雷の解析は、雷監視システムによる雷放電の検知及びレーダー観測などを基にして活動度1~4で表します。

Next

『高解像度降水ナウキャスト』の改善|nooooon|note

高解像度版降水ナウキャスト(気象庁) 2014年8月から提供開始された、従来の降水ナウキャストのパワーアップ版。 高解像度ナウキャストを使ってみる では簡単な使い方ですが、気象庁のページからリンクをたどっていきます。 また、高解像度降水ナウキャストは250mの予測期間は30分ですが、予測時間35分から60分までは、30分までと同じアルゴリズムで予測した1kmの解像度で予測を提供しています。 予測については、雷雲の移動方向に移動させるとともに、雷雲の盛衰の傾向も考慮しています。 気象庁と同じく降水予想も提供している。

Next

高解像度降水ナウキャスト

従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 黒丸の部分がとくに、降水ナウキャストと比べ、高解像度降水ナウキャストでは 実況に近い強雨域を表現できている、らしいです。 高解像度降雨ナウキャストでは60分後までの予測をしますが、30分から60分までは30分までと同じアルゴリズムでの予測なのだそうです。 これで「実況」の詳細がよりわかりやすくなりました。 これは画面左に+-で拡大縮小ができますが、マウスのスクロールやスマホ画面の拡大で簡単にできるようになっています。 独自レーダーのデータが全国の雨雲レーダーに合成されているのかはよく分からない。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。

Next

気象庁|雷ナウキャストとは

高解像度降水ナウキャストでは、高解像度化とナウキャストの速報性を両立するために、陸上と海岸近くの海上では250m解像度の降水予測を、その他の海上では1km解像度により降水予測を提供します。 5ミリ降ったと・・・。 ] Radar Images Last 7 Days Notice If the animation of clouds is not smooth enough, please try the latest browsers. Xバンドは逆に周波数が高いためカバー半径が狭く降雨減衰が大きい。 asianhumannet. ] [.. 合成処理とWeb公開は日本気象協会(tenki. このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 A 降水ナウキャスト(気象庁) B 高解像度降水ナウキャスト(気象庁) C XRAIN(国土交通省) D 雨雲予報 by XRAIN(日本気象協会) E 東京アメッシュ(東京都下水道局) F 雨雲レーダー Ch. 雨雲の動きは、降雨が黄色~赤色の激しい部分だけを予測しています 雷の発生状況は活動度2度以上ということで、雷が実際あることを記しています。

Next

水戸地方気象台 (茨城県の天気・地震)

なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 高解像度降水ナウキャストの改善履歴• 国土交通省XバンドMPレーダーのデータを元に、降水予想を提供している。 残念なことに、気象協会などが提供している雨雲の6時間予測はないので、他のサイトとあわせての確認なども必要になってくることでしょう。 東京アメッシュ(東京都下水道局) 東京都内の下水道施設の管理のための観測データを活用したサービス。 こんばんは、nooooon()です。

Next

気象庁

(2)高解像度降水ナウキャスト(5分間降水量) 5分間の積算降水量のデータです。 結論から言うと、気象庁の高解像度降水ナウキャストが一番精度が高そう。 XRAIN(国土交通省) 全国の河川管理のための観測データを活用したサービス。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 国交省のサイトで、XバンドMPレーダーの新設情報(といっても、本ページの公開日より1ヵ月前のH26年7月なのですが)を見つけましたのでご参考まで。 Current motion of rain clouds can be checked by zooming in or out, which is useful as a disaster information tool about rainfall and snowfall. jma. 雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 ほぼ全国をカバーしている。

Next