幼児 エプロン。 子供用エプロンの簡単な作り方(2~3歳用)。自分で着れるゴムタイプ。

【簡単!子供用エプロンの作り方】裁縫初心者さんでも安心!

) それから、エプロンといえば お腹部分にポケット!と思い、後からポケットを縫い付けました。 子どもって少しのストレスを結構敏感に察知しますよね(笑)。 合計2セットのイージースナップボタンを使うことになります。 お子様に合わせて紐の長さは調整してみると良いですね!(クリックすると大きな画像が見られます) 120サイズは、小学校入学を控えたお子さまにちょうどよいサイズです。 (折り曲げたところ、下から3ミリくらいのところを縫う。 小学生くらいのお子さんになればちょっとした作業を一緒にする事ができるかもしれませんが、小さなお子さんはまだ一緒に作業をするのは難しいと思います。

Next

【簡単!子供用エプロンの作り方】裁縫初心者さんでも安心!

マジックテープを本体と腰のゴムにつける. 大人用であれば、贅沢にリネン100%のエプロンなんかも風合いが出て素敵です。 上記のサイズで表地裏地用意してください。 5センチ幅です。 間に、[3]で縫ったひもの短い方を挟みましょう。 ひもの上と下とで2本縫いましょう。 端の処理をしていない側を挟みます。 さらに工夫できるポイントがこちらです。

Next

子供用エプロンの簡単な作り方(2~3歳用)。自分で着れるゴムタイプ。

基本的にすべて3つ折り縫いです。 なかなか普段裁縫道具に触れていないと、完成するのか不安... ネットで探したものの、可愛いと思うトーマス生地が軒並み売り切れで困っていたところ、偶然友人の出産見舞いに行った本八幡の駅ビル内の手芸屋さんで見つけました。 綺麗に作るにはアイロンがけを行いましょう。 ポイント首ひもと腰ひもを表地と裏地の間に挟みつつ塗っていきます!少しわかりずらいので、画像をよく見ながらやってくださいね。 まず首ひも部分を以下のようにぬいしろ分1cmずつをあけて、裏地に待ち針で固定し、表地で挟み込みます。 お手伝いでエプロンを付けたい娘 2歳になった娘はお手伝いが大好きで 何でも大人の真似をしたいお年頃です。 子どもエプロン(90サイズ)で使った生地はこちら コットン100%のオックス生地を使いました。

Next

子供用エプロンの作り方|ゴムひもを使って着脱簡単【リバーシブルタイプ】

しかし、今回ご紹介したエプロンの作り方はとっても簡単なので、裁縫初心者さんでも1日あれば問題無く作る事ができると思いますよ。 小さなお子さんだと紐が長いと邪魔になってしまうので、お子さんのウエストに合わせて長さを調節してあげてくださいね。 ひも部分がゴムなので、子供が一人で脱ぎ着できます。 それと同じです。 首のベルトの取り付け位置はできあがり線のところです。 三つ折りにした脇の部分とひもを、一緒に内側に巻き込むように…。

Next

【簡単!子供用エプロンの作り方】裁縫初心者さんでも安心!

縫い代は1センチなので、それよりも内側で縫い止めてください。 また、手順が簡単なため初心者さんにお勧めです。 (見返しには、あらかじめ薄手の接着芯を張ると、よりきれいに仕上がります。 (心配な人は1センチの線をチャコペンシルで書いてもOK!私はだいたい1センチを意識して縫いました。 面倒な場合は直線でも大丈夫です。

Next

子供用エプロンの作り方|ゴムひもを使って着脱簡単【リバーシブルタイプ】

マチ針で刺して、前身頃・ひも・見返しの3つのパーツを一緒に留めましょう。 特に角の部分はしっかり跡をつけておきます。 お子さんのサイズに合わせる 今回ご紹介するエプロンのサイズは一般的な寸法でご紹介していますが、もちろんお子さんによって体形は大きく異なりますので、生地を裁断する前に一度お子さんに合わせて、丈の確認などをすることをおすすめします。 このとき、首と腰のベルトを内側に挟み込んで縫っていきます。 両側固定してしまうと布が引っ張られて縫いずらいので、 まずは片側だけ固定してください。 シンプルなデザインなので、ポケットやワッペンなどを付ける事で可愛らしくアレンジするのもおすすめです。

Next

子ども(キッズ)用エプロンの作り方

今回はミシンを利用していますが、もちろん手縫いでも作ることができます。 首と腰のベルトはどちらも同じ作り方です。 手間がかからず可愛らしくアレンジする事ができるので、お好みの生地が見つけられなかった時などには、ポケットやワッペンを活用してみましょう。 5cm取ります。 しっかり跡をつけておいたので角がキチンと尖りました。 今回は130サイズで作っています。 布を裁断してから完成まで約2時間でした。

Next

キッズエプロンのおすすめ人気ランキング14選【シンプルな男の子用やプリンセス風デザインまで】

第一弾は11カ月の時に作りましたよ、夜なべして、ミシンが壊れていたので手縫いで。 型紙を作って、生地を計って裁断して…と多くの工程があるのでめんどくさいと考えるママさんもいいらっしゃるかもしれませんね。 工程が少ないうえ手順はほぼエプロンと同じなので、短時間で作ることができます。 何よりもこの軽さが一番の魅力です。 完成してからボタンやアップリケなどを付ける場合、表と裏の布を一緒に縫ってしまわないよう気を付けて下さい。 ご安心してください!実はエプロンはとっても簡単に作ることができるのです。 腰のベルトもできあがり線に合わせます。

Next