ロッキング・オン 女性。 rockin'on

梅昆布

Say! ひとつは扱う原稿が幅広いっていうこと。 好書好日. だから私は洋楽の知識については、完全に入社後に身につけました。 藤ヶ谷太輔・千賀健永 87 A. 粉川しの (rockin'on 5代目編集長)• 』の撮影レポをお届けします。 』についてトーク。 フェスのインフラ作りって基本的に前回どおりにやろうと思えばやれるんです。 お客さんたちがライブを体験して喜んでいたポイント、楽しんでいたポイント、感動していたポイントは、その会場に行けなくてライブレポートを楽しみにしていたファンの方々にとっても、嬉しいポイントのはずです。

Next

ロッキング・オンが手がける音楽アニメプロジェクト|新人ボーカル・声優オーディション

かつ、毎日更新しています。 具体的なやり方のひとつとしては、あるひとつのコンテンツに対して競合媒体を意識して、差別化するっていうやり方があります。 ロッキング・オン社• インタビューでは、優馬のマイブームについて聞いています。 C-Zのえびらんど 88 HUG the King & Prince 90 Sexy Zone A La Mode 佐藤勝利・マリウス 葉 92 月刊!平成ジャンプ 95 関ジュ艦 96 ジャニーズWESTyle 98 瀬戸利樹 99 高橋文哉 100 堀井新太 101 犬飼貴丈 102 日向 亘 103 庄司浩平 104 林 翔太 105 内 博貴 106 中山優馬 108 ふぉ~ゆ~ 110 ARASHI ZOOM 111 Hey! 連載『Secret Zone』では、佐藤が最近極めつつある料理に関するクイズを出題! 普段の会話から答えを導き出したメンバーの回答は当たるのか!? また、どの程度通るのか。 洋楽誌、邦楽誌、カルチャー誌、総合誌、美術誌など7誌を刊行する。

Next

H(エイチ)

中山優馬 光がともるランタンに囲まれ、穏やかな表情を浮かべる中山を撮影。 読者の皆さんには、読むために文章が整えられた状態の記事を読んでもらっていますが、やっぱり人と人とのコミュニケーションなので、実際のインタビューではディスカッションみたいな時もあるんです。 編集会議はひとりひとりが意見を出して、その企画が通るという形で、お互い刺激しながらも割と和気藹々とした雰囲気で行っています。 (CUT編集長/代表取締役)• お客さんを中心にライブを見ることは、「絶対的他者」を重視するロッキング・オンにおいて、あらゆる場面で大切な視点です。 僕は(映画の)撮影をしていなければ、毎年行かせていただいていまして。 1997年 7月号「渋松対談」最終回。

Next

ロッキング・オン

創刊以来、参加型メディアとして雑誌を特徴づけていた投稿文は、年々掲載本数が減少傾向にあり、ここ数年は月2本となっている。 インタビューでは、メンバーと似ているところ・似ていないところについて聞いてみました。 C-Z、ジャニーズJr. 1998年 4月号「渋松対談Z」として「渋松対談」復活。 寝たままできる体操で、姿勢を正してぽっこりおなかをぺたんこに! 第二特集は「家の中の除菌・ウイルス対策」。 業務に携わっているだけでいろんな音楽ファンの方と向き合うことになるんです。

Next

梅昆布

創刊当初から1970年代の後半まで、カラーグラビアもなく、洋楽アーティストの取材記事もなかった。 でも、その反省会で出た内容が次に活かされて、どんどんフェスやイベントが改善されていくっていう、そういうサイクルなんです。 それぞれが思う、夏の恋であこがれるシチュエーションや夏が待ち遠しいこと、懐っこい人が明らかに。 1989年 8月号 次号から変身します宣言。 主なスタッフ [ ] 専属 [ ]• 例えば、ロッキング・オンの事業に全く興味のない不特定多数のユーザーが1日1万人訪れるのと、ロッキング・オンの出版物やフェスが大好きな、いわゆるロイヤリティの高いお客様が1日千人訪れるのと、ロッキング・オンにとってはどちらが正解なんだろうって。 このように、様々なメディアに携わっている人たちがひとつの目標に向かって動いていけるのが、ロッキング・オンという会社の最大の強みです。

Next

ロッキング・オンが手がける音楽アニメプロジェクト|新人ボーカル・声優オーディション

- ロッキング・オン・グループ この項目は、に関連した です。 我々が制作した記事に対して読者の方々から熱い反応をいただき、その応酬の中でもう一度表紙号を作ることができるという、とても感動的なサイクルがそこにはあり、その後も編集の仕事を続けていく上で大きな糧となる、とても大切で貴重な経験でした。 がベストなコンビ選んでみました! BIGピンナップ ジャニーズWEST Aぇ! フェスが終わって来年のことを話し始めるときに、開催期間中に改善することができなかった点は、来年への宿題として取り組んでいきます。 会社全体の雰囲気は、いろいろな部署の人たちと多くの時間を過ごすので「他部署」という概念は徐々に薄れていきます。 大型フェスの公式サイトやJフェスアプリの更新作業は基本的にWEB事業部で行っていますが、更新する内容に関してはフェスの情報そのものなので、イベント部と連携して進めています。 設定 マイペースで捉えどころがない性格。

Next