シャドバ プロ リーグ デッキ。 プロリーグ第4節を終えて

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

このまま勝利するかと思われたが、keisuke3選手がをドローし、意地を見せる。 cross7224選手も守護で粘りを見せるが、さに選手がで突破し、勝利を収めた。 「」「」「」など前述のミッドレンジ冥府ネクロと共通する新カードも多いですね。 3体のフォロワーを並べ、体力面でもリードしているSurre選手が優勢といえるシーンだ。 ピンチが一転してチャンスになったSpicies選手がを2連打し勝負を決めた。 通算戦績を4勝1敗とし、大きくリードする形となった。

Next

【シャドバ】プロリーグの結果まとめ【シャドウバース】

4,725• 環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。 243• 若干ライト層向けとなっております。 圧倒的な強さを見せ、1位をキープした。 トップデックは新たな選択肢を与えてくれ、時にその選択肢が戦いの行方を決定づける重要なカードだ。 7ターン目にSOS選手が大量展開をきめ、優位にたったと思われたが、さわさき選手がの効果を活かして見事返し切る。 《大妖狐・ギンセツ》は持たれていた場合、盤面処理の程度に関わらず敗色濃厚として、Gemo選手は割り切っていた それに対してGemo選手がここで《両雄激突》による処理に舵を切った場合、次のターンで勝ち切るためには《二刀流》ドローがマストだ。 さに選手もやなど強力なフォロワーで勝利を狙うが、反撃及ばずkeisuke3選手が押し切った。

Next

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

3連勝でリーグ戦を締めた名古屋OJA ベビースター。 第3節以降にも注目が集まる。 敗北こそしたものの、実況、解説をうならせるなどプロの名にそぐわないプレイを見せてくれた。 さわさき選手も粘りを見せるが、最後は、、の前に敗れ去った。 ふぇぐ選手が3枚との初手でスタートし、幸先の良いスタートを切る。 次のターンにを設置してリーサルを狙うが、一足先にミル選手が盤面のとのファンファーレで削りきった。 次のターンに温存していたをプレイし、あぐのむ選手の体力を削りきった。

Next

【シャドバ】プロリーグの結果まとめ【シャドウバース】

【エンハンス 9】2回葬送するのではなく、進化する。 「RAGE Shadowverse Pro League20-21シーズン」が開幕する。 Surre選手のデッキのうち、Gemo選手のプレーが直接の裏目になるのは《グール》のみ。 2,453• 実際に《火車》のみを処理した場合、《グール》で《ドクロ親父》のラストワード能力を起動されると、攻撃力アップの効果次第で次のターンに押し切られる危険はつきまとうが、この時点でSurre選手のデッキに《グール》は2枚のみ。 Tier3 【中堅デッキ】 Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。

Next

【シャドバ】【話題】プロリーグのデッキ公開きたな!〇〇がいない!!www⇒そしてあの人が出てくるかwww

3連敗中だったチームを救う1勝となった。 2位をキープすることに成功し、au デトネーションとの1位争いに注目が集まる。 これを見てリーグを一層楽しんでもらえると幸いです。 最小限の盤面処理は「勝つため」の形勢判断によって、相手に押し切られるリスクを負ってでも勝ち筋を広げにいった結果と言える。 352• 試合結果 2-1でau デトネーションが勝利。 赤枠がGemo選手のプレーによって追加された有効札。

Next

プロリーグ第4節を終えて

276• 試合結果 名古屋OJAベビスターが2勝1敗で勝利。 cross7224選手はこれを返すことができず、さに選手が勝利を収めた。 ここで被ダメージを減らせておかないと自分の方が先に体力を削られてしまうため、「負けない」ための形勢判断だ。 きょうま選手も最後まで諦めずに戦うが、反撃及ばずミル選手の勝利となった。 名古屋OJA ベビースター vs よしもとLibalent 2Pick さに vs keisuke3 エルフミラーとなった2Pick対決。

Next

会場を揺らしたトップデック シャドバプロリーグ、昨シーズンで最もアツかった1枚

挑戦者の気持ちで鍛え直します。 冥府ネクロは盤面が弱かったという欠点が新カードの追加で克服され、 新環境で非常に有力なデッキタイプになっているようです。 1,420• ミルティオを出す時の葬送やフォロワー展開で墓地が稼げるだけでなく、直接召喚したフォロワーも墓地に貢献するので、 盤面を強くしながら「冥府への道()」の完成に近づくことが可能です。 苦境を覆し、Gemo選手 画面上側 の勝利を決定づけたトップデックの《クイックブレーダー》 このシーンだけでは、盤面と手札だけでは足りなかった打点をトップデックの《クイックブレーダー》が補い、幸運にも勝ちに繋がったと見る人がいるかもしれない。 これをなんとか処理したkeisuke3選手だったが、体力を2まで減らされてしまう。 みずせ選手がの着地に成功するが、体力が心もとない。

Next